Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘

そらいろ男爵

leave a comment »

絵本なのだが、なかなか心に来るし考えさせられる一冊だった。

そらいろ男爵は空を愛するパイロットだ。自分で作った飛行機を空色に塗って、空を駆け巡っては鳥を見たりしていた。しかし地上では戦争が始まる。空色男爵も戦争を終わらせるべく、爆弾代わりに飛行機から分厚い本(12巻の百科事典)を落す。そして敵を食い止めるが、戦争はそれくらいでは終わらない。そうやって男爵は次々と分厚い本を爆弾として投下するが、戦争は終わらない。そして最後の分厚い本「戦争と平和」を投下するも当たらず…。

しかし、敵の隊長が落とされた本を読みふけり、命令が出なかったので敵からの攻撃はなかった。この効果に気を良くした男爵は作戦を変更する。爆弾代わりになる分厚い本はもうないが、面白い本ならまだたくさんあった。色々な面白い本を効果的に落とし、敵の兵士がそれを拾っては面白がって本を読み、戦いが起こらないようにした。それでも戦争は続く。

より効果的がでるように、男爵はさらに考える。小説の前編を味方へ、後編を敵方へ落とし、続きが読みたい味方、前が読みたい敵方の隊長が話し合い本を交換するように。それでも戦争は続く。

そしてついに男爵は戦争をやめさせる方法を思いつく。それは…

そらいろ男爵
そらいろ男爵

posted with amazlet at 15.10.10
ジル・ボム
主婦の友社
売り上げランキング: 101,453

この本では「本」が戦争を止める。もっと言えば「字」が「書いてあること」が戦争を止める。人を殺すことよりも「本」に集中させることで。人を殺すよりも面白い本を読んだ方がずっといいから、兵士たちは本を読む。だが前提として兵士たちが「字が読める」ということが必須なのだ。今、戦争を各地で繰り広げている兵士の中で、字が読める兵士がどれくらいいるだろうか?中東で銃を持って戦っている子供たちが字が読めるだろうか?

やはり愚かな戦争を終わらせるには「教育」しかない。思想の偏らない「教育」が。「イスラムはどうの」「ユダヤはどうの」「欧米人はどうの」「日本人は…」なんて偏見に満ちた教育ではダメだ。そんな中立な教育ができるのは日本人が一番得意なのではないだろうか?どんな宗教にも染まっていない日本人が。

そんなことまで考えが及ぶような、絵本だが深い内容だった。

広告

Written by arito

2015-10-11 at 01:04

カテゴリー: 読書

Tagged with , ,

ミッドナイターズ1

with one comment

「炎と氷の歌」を読んでいるんだが、少々つかれたので、ちょっと寄り道。

ミッドナイターズ 1  真夜中に生まれし者
スコット・ウエスターフェルド
東京書籍
売り上げランキング: 192960

「ミッドナイターズ」の一巻目、サブタイトルは「真夜中に生まれし者」。

一巻目では、主人公のジェシカのブルータイムでの能力が判明する。

まだダークリングというものの正体や、その目的は全然ハッキリしない。

しかし、本当に真夜中に1時間の隙間があって、ミッドナイターがいると想像したら、

毎日 24:00〜25:00(というか、24:00 の瞬間)は誰に見られてもキチンとしていないと!と思ふ。

Written by arito

2010-09-17 at 15:23

カテゴリー: 読書

Tagged with

久しぶりのザンス

with one comment

2009/11 頃にザンスの13巻

セントールの選択—魔法の国ザンス〈13〉 (ハヤカワ文庫FT)

を読み中という記事を書いたが、その後たくさんの本を読んだが、感想を記すこともなく、現在に至る。
ザンスは16巻まで読んでさすがに飽きてしまった。というか、16巻の

魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱 (ハヤカワ文庫 FT)

がザンスの中ではもっともおもしろくなかったこともあり、この巻でザンスシリーズを一旦読むのを止めてしまった。

  • ドラゴンライダー(3)
  • 銀河ヒッチハイクガイドシリーズ
  • ランドオーバーシリーズ
  • バーティミアス
  • グリーンワールド
  • 魔使いシリーズ(魔使いの過ち)
  • アルテミスファウル
  • タフの方舟
  • ダ・ヴィンチ・コード

を経て、いよいよ読む本がなくなって、ザンスの続きを読み始めた。
が、間違って17巻を飛ばしてしまった。今読んでいるのは18巻のこれ。

ガーゴイルの誓い [魔法の国ザンス18] (ハヤカワ文庫FT)
16巻があまりにもつまらなかったので、「どうなんだろう」と思って読み始めたら、「帰ってきたザンス」よろしく、おもしろい。

先に書いた本では、既に読んでいるシリーズ物意外に新たなシリーズが含まれているが、いずれもとても面白く、それはまた別途書くことにする。(つもり…)

Written by arito

2010-05-23 at 15:27

カテゴリー: 読書

Tagged with ,

アマゾンへのリンク機能が直らないからメモ

leave a comment »

ポール スチュワート:

  • ヒューゴ・ペッパーとハートのコンパス
  • コービィ・フラッドのおかしな船旅
  • ファーガス・クレインと空飛ぶ鉄の馬
  • 崖の国物語(10)滅びざる者たち

ピアズ・アンソニイ:魔法の国ザンスシリーズ(1-13)

  1. カメレオンの呪文
  2. 魔王の聖域
  3. ルーグナ城の秘密
  4. 魔法の通廊
  5. 人喰い鬼の探索
  6. 夢馬の使命
  7. 王女とドラゴン
  8. 幽霊の勇士
  9. ゴーレムの挑戦
  10. 悪魔の挑発
  11. 王子と二人の婚約者
  12. マーフィの呪い
  13. セントールの選択

今「セントールの選択」を読書中…

って書いたらいきなり

【お知らせ】Amazonアイテム検索・追加機能不具合修正完了

!!!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

Written by arito

2009-11-05 at 03:51

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

デルトラクエストⅠ(全8巻)

leave a comment »

ローワンシリーズを書いたエメリー・ロッダの作品で、デルトラはさらに小さい子供向け。本を読み進めるのが苦手な子でも、展開の速さと面白さで、十分に読み進められるかな。

デルトラ・クエスト(全8冊)
エミリー・ロッダ Emily Rodda
岩崎書店
売り上げランキング: 202522

最後の大ドンデン返しで、デルトラの世継ぎが誰だかわかるんんだが、二転三転してものすごく引き込まれてあっという間に読んでしまう!

Written by arito

2009-06-21 at 05:48

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

ローワンシリーズ

leave a comment »

だいぶ小さい子向けの児童書になるが、なかなか面白かった。
ローワンという気の弱いバクシャーというやさしい大きい動物の世話係の少年の不思議な物語。

ローワンと魔法の地図  (リンの谷のローワン 1)
エミリー ロッダ
あすなろ書房
売り上げランキング: 102501
ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)
エミリー ロッダ
あすなろ書房
売り上げランキング: 110172
ローワンと伝説の水晶 (リンの谷のローワン 3)
エミリー ロッダ
あすなろ書房
売り上げランキング: 68552
ローワンとゼバックの黒い影 (リンの谷のローワン 4)
エミリー・ロッダ
あすなろ書房
売り上げランキング: 293348
ローワンと白い魔物 (リンの谷のローワン 5)
エミリー ロッダ
あすなろ書房
売り上げランキング: 265873

最後の「ローワンと白い魔物」で、なぜバクシャー係のローワンが特別なのか?の謎が分かる。それまではなぜローワンが特別なにかを持っているのか?は分からないまま、この小さなどちらかというと優柔不断な頼りない少年が、自分の意思とは関係なく冒険に出かけていく。

Written by arito

2009-06-21 at 05:29

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

久しぶりのハリポタの世界

leave a comment »

順番は逆になるが、レイルの前にハリポタの番外編を読んだ。

吟遊詩人ビードルの物語 (日本語版)
静山社 (2008-12-12)
売り上げランキング: 7468

「吟遊詩人ビードルの物語」で、魔法使いの世界では常識的な御伽噺というもの。

ロンは小さい頃から知っているが、ハリーとハーマイオニーは全然知らなかった。

この本はいろいろと過去に純潔よりに偏って伝えられてきたこの物語をダンブルドアのコメントと共にハーマイオニーが新たに出したものという設定だ。ダンブルドアが亡くなる前に多数のコメントを入れた本が発見され、それを出版したもの。この物語には、最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」で鍵となった三人の魔法使いの物語「三人兄弟の物語」が含まれている。

そもそも全く本を読まなかった私がこうしてファンタジーばかりだが、本を読むきっかけになったのはハリポタシリーズである。久しぶりにダンブルドアの皮肉たっぷりのコメントの内容などを見て、ハリポタの世界を思い出し、またもうしばらくたったら読み返してみようと思わせる物語だった。

Written by arito

2009-06-21 at 05:21

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,