Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘男ヨガ

「男ヨガ」。

leave a comment »

ズバリ、のタイトル。これしかない。今日の「感じ」をどうしても今、書き記しておきたい。


今日もYMC新宿の男ヨガへ行ってきた。

今日は最初から違っていた。「男ヨガ」は、「メンズヨガ」でも「超ハードパワーヨガ」でもなく「男ヨガ」が「男ヨガ」たる所以の如く、それを改めて噛みしめるべく始まった。

静かに普通のC&Cから始まり、次のアーサナからはもう「男ヨガ」のアーサナに入る。「膝、床から5cmアップ

そこからどれくらい動き続けただろうか。大体のアーサナが深い5呼吸のリズムで次々と休みなく続く。この5呼吸のリズムはなんだか自分にはとても合っている。アーサナが出来る/出来ないに関わらず、体を動かしさえすれば、何か体が反応してくれる感じ。BGMもいつもよりややボリューム大きめ。徐々にゴウ先生の声が前からでなくどこか遠くから聞こえてくるように感じる。最後の方は半分くらい目を閉じて体を動かしていたのか?見ているのに見えていなかったのか?見ているのではなく映っていただけだったのか?弓を引く時に理想とされる、的を見る感覚と同じだったのではないか?「目で見る、見える」のではなく「ただ映っているだけ」

最後はいつまででも続けられる…と思うくらい体を動かすリズムが気持ちいい。キツイけどキツくない。動いているけど動いてない。なんだろう、今日の感じを上手く伝える言葉を自分は持ち合わせていない。1つ言えるのは、隣にいたヒロユキさんが、最初にかけてくれた言葉が今日の自分の「感じ」を一番物語っていたように思う。「今日、ありとさん、良かったでしょ!」隣のヒロユキさんは、私の「この感じ」を私から感じ取っていてくれたのかも知れない。さすがのドクターなのか!?

終わってから体に本当に力が入らない。でも「だるい」のとは全然違う。余計なものが全部無くなって骨と神経だけになってぷら~ん、ぷら~んって体がしている感じ。いつものように中目から自宅に帰る時、その感じを楽しみながら帰った。呑んでもいないのに酔っぱらったみたいな感じ。子供の頃、ブランコで靴飛ばしを競ったときのようにぷら~んと右足を出す。その右足を地面に付く。自動的にその右足に体重が移動して同じ反動で今度は左足がぷら~んと前に出る。そうやってぷら~ん、ぷら~んと何の力も入らず夜風を心地よく感じながら帰宅までの夜の散歩を楽しむ。

なんだろう?この感じ。これってヨガ?いや、紛れもなく「男ヨガ」なのかも知れない。

いつもに増して増して増して、ありがとう存じまする。合唱。

IMG_7175

Written by arito

2017-05-23 at 00:38

カテゴリー: ヨガ

Tagged with , ,

旗印

leave a comment »


久しぶりの YMC 新宿での男ヨガ。
ゴウ先生のハワイからの帰還を待ってたとばかりにいつものメンバーが顔を合わせる。

男ヨガの色紙は額縁に収まっていた。これはもう御神体として神棚に祀ることにして、何か男ヨガの幟(のぼり)というか旗印が欲しくなった。戦国武将の大将の元に集まる歴戦の勇者、的な。でもみんな恵比寿様みたいに顔だけは満面の笑みを浮かべてる、的な。

俺たちはみんなゴウ先生の元に集っている。いつもはその笠の下で守られているが、時に結束してその幹をみんなでギュッと縛って倒れないように守る、的な。

やはり旗印が欲しくなって来た。

Written by arito

2017-05-19 at 00:28

カテゴリー: ヨガ

Tagged with

二日目のカレー

leave a comment »

カレーの話題じゃない。ヨガの話題。

昨日、男ヨガ終わった後、今日の YMC 新宿での男ヨガに参加するつもりは全然なかった。イクさんは「もちろん参加」的なことを言っていたが、さすがに連続で行く気は全く無かった。

IMG_6918.jpg

あれ?結局行ってるじゃん…。

昨日の「熱帯雨林」の話題が参加者の投稿で色々とあり、それぞれの面白投稿にちょいちょいコメントしたりいいね!したりしていたら、「あれ?なんか行きたくね?筋肉痛でもないならいってもよくね?」的に勝手に自分で「男ヨガ」気分が盛り上がってしまい、「そこまでする?」という自分への疑問も「ゴウ先生しばらくハワイ行っちゃうから男ヨガ今日は行っておいたほうが良くない?」という自分への回答が頭の中をめぐり、昼過ぎに予約してしまったのさ…。

男ヨガしていて、翌日筋肉痛をあまり感じたことはなかった。「あんだけキツイのに、やっぱヨガって筋トレじゃないんだ。違うんだ。」と思っていた。そう、今日までは!普通の生活している分には、「男ヨガ」の後でも、全然どこも痛いとかは感じないんだが、今日、2日連続で「男ヨガ」行ってよーく分かった。普通にしていても感じるような筋肉痛ではないけれど、いざ筋肉を使おうと思ったらめっちゃピキピキッて筋肉パリッパリになっていることに気づいた。

今日(5/1)の YMC 新宿での「男ヨガ」。いつもより優しく入った「男のC&C」。膝床から 5cm 上げて一瞬で思った。「やばっ!」

肩の筋肉がピキっ!脇腹の筋肉がビシっ!背筋がパリっ!「き、筋肉痛じゃん!」もう何よりも肩の筋肉のハリと脇腹の筋肉がパリッパリで、何をするにもビシビシと筋肉の繊維が切れるようなピキッ!という痛みが走る。「これはマジでこれ以上やったら筋肉痛めちゃう?」と思ったが、今日はところどころゴウ先生が手のつき方やどこで支えるのか?を教えてくれる時間があって、そこで少し休めたのと、そうこうして体が、筋肉が温まって、使ってほぐれてきたのか?痛みもそれとともに少し和らいできた。ただし、力は全然いつものようには入らない。力が入らないからどうやってバランスを取るのか?体を真っ直ぐに支え維持するのか?をゴウ先生の言葉とともに探す。自分の体の中のバランスのポイントを探す。自分の体の中を、筋肉の中を、最後は骨の中を探す。骨で支えて、臍下で体を真っ直ぐに維持できるポイントを。

中学、高校と弓道をやっていても、合宿で一日百射して腕も上がらない、手も豆だらけ血だらけ、筋肉痛で引けない、そんな状態になって初めて自分の引き方が、癖が分かってくる。大学時代、スキーしていて、前傾姿勢とろうにも足がガクガク、腹筋で状態を維持するのも厳しい状態で、それでもポールに入っていると、根性だけでは全然出来ずにコースアウトしてしまうが、「どうしたら次のポールに入っていけるか?」徐々に頭を使い探りながら体をなんとか動かそうとする。

昭和の根性論のような話だが、それだけじゃない。疲れ果てて力が入らない時にどうやって体を支え、イメージしたとおりに動かすか?それを頭で考えるようになる。自分の体をなんとかしようと試みる。そこに到達するのにある意味「昭和の根性論」があるのだろう。そのような状態にならないと筋力でなんとかしようとするから。筋力でなんとか出来ないような状態まで持っていってから「さぁやってみろ!いつものようにやってみろ!」そして考える。いつも使えるものが使えないなら、どうやっていつも通り体を動かすのか?

今日の「男ヨガ」は考えた。頭を使った。感じようとした。体のポイントを探すように。2日連続の「男ヨガ」は、二日目の「男ヨガ」は、正にそういった感じのヨガだった。そう、まさに「二日目のカレー」のようなマイルドで二日目にしか味わえない旨さがそこにはあった。

本日も、ありがとう存じまする。

Written by arito

2017-05-02 at 00:58

カテゴリー: ヨガ

Tagged with , ,

祐天寺が熱帯雨林気候だって知ってた?

leave a comment »

久しぶり(一ヶ月弱くらい?)に男ヨガに参加してきた。いつもの YMC 新宿ではなく、ベータヨガの男のヨガイベントで、ゴウ先生が「男ヨガ」やるので参加した。オハナスマイル祐天寺スタジオでの開催。

思えば、初めてゴウ先生の「男ヨガ」に参加したのも、去年の秋口のこのイベントだった。そこからハマって半年ちょっとか。何度もゴウ先生の「男ヨガ」に参加してきたが、昨日(4/30)はこれまでで一番汗かいた。

ゴウ先生が始まる前に言った。「今日のテーマは熱帯雨林…」そう言って窓を締めた。

そして始まった「男ヨガ」。最初の瞑想の時から 20 人もの男たちの息づかいが徐々に湿度を上げていく。そしていつもの「男のC&C」から始まる。これが始まってすぐに尋常でない汗が出始めた。「やばい…暑い…息苦しいくらいだ…」だが、そんなことで休もうなんて思うくらいなら最初から「男ヨガ」なんて参加しない。「いいだろう!今日はこの環境でやるんだな!ゴウ先生のアーサナ、完コピする!」と妙なテンションになる。おそらく、20 人の男たちの思いは様々だろうが、要約したら「よっしゃ!やったる!」で一致していたと思う。それしかないから、男は。「ノリ」と「勢い」で行けるとこまで行ってみる。考え事はなし。それでいいだろ?結果は後で見ればいい。いや、結果なんて見なくてもいい。次に向かってもう走り出せばいい。

そして 20 人の男たちが 90 分間走り続けた結果がこれだ!

IMG_6913

祐天寺は熱帯雨林になった。結露を通り越し、その結露が水滴となり窓枠へ滴り落ちる。スタジオはマットどころか、床も湿気でビショビショ。モップがけが必要だった。大げさではない。マジでマットじゃなくて床をモップがけ。床に置いてあった私の iPhone も画面が結露!「やばい!壊れる!」この写真でこの湿気を伝えようとびっしょりになった iPhone でとりあえずパシャリ!この後、iPhone をタオルでふくも、タオルが汗でびしょびしょ!仕方なく更衣室で着替えでふいた…。

この日、祐天寺は本当に熱帯雨林気候になった。外は爽やかな初夏の陽気だったらしいが、オハナスマイル祐天寺のスタジオはアマゾンの熱帯雨林だった。汗と一緒に何もかも出ていったのか?全身デトックス完了?パンツの替えも必要だったな、今回は。そして超ースッキリした。この後のビールがどんなに美味しかったかは言うまでもない。

せっかく出し切ったのにビールなんて呑んだらもったいないって?違うな。また次の「男ヨガ」があるからいいのさ。ビールも日本酒も何も考えずに旨いと思うものを頂く。肴も酒も、「ありがとう存じまする」とイクさんの笑顔を目の前に存分に楽しんだ。

ゴウ先生と全ての仲間たちに「ありがとう存じまする」。

Written by arito

2017-05-01 at 12:21

男ヨガ

leave a comment »

前置きはどこかへ置いておくとして、

夏の終わりに「男ヨガ」に行ってからこいつにハマっている。「男ヨガ」は「メンズヨガ」じゃない。「メンズヨガ」というと、上向きなできる(つもり?)ビジネスマンが朝活や夕活にしているイメージだろうが「男ヨガ」はそれじゃない。「男ヨガ」やったら、その日は仕事なんてできない。アスファルトの上に寝転がって空を眺めるくらいはできるかもしれないが。

日常にない「挑戦」が「男ヨガ」にはある。ヨガをやったことない人も、体硬い人も、腕立てとか全然できない人も「男ヨガ」は参加できる。ただし「ハート」が必要だ。10 カウントを聞くまでに足をついてしまうかもしれない、手をついてしまうかもしれない。その足を、手をもう一度あげようとする「ハート」が必要だ。手をついてしまってもいい、足をついてしまってもいい。それを再び上げようとする気持ちがあるのなら、必ず再びあげられる。そして挙げられたあかつきには「次は必ず 10 カウントを聞くまでは足をつかない!」と心に秘める自分に気づく。

「男ヨガ」ってそんなヨガだ。

やっているととても「ヨガ」とは思えないかもしれない。「単なるキツイ筋トレじゃね?」と思うかもしれない。だが、攻めに攻めた後、何も考えられず、だた心臓の音を聞きながら息をしているだけの自分がマットに横たわっている。。。それって「ヨガ」じゃね?その状態って「ヨガ」じゃね?

「男ヨガ」ってそんなヨガだ。

img_6328

Written by arito

2016-12-24 at 00:49

カテゴリー: ヨガ

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。