Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘美ヶ原

2015 夏休みおまけのドライブ

with one comment

うどん県から帰ってきたのが 8/12。まだまだ夏休みはあるから、私のわがままで日帰りでドライブで山へ行くことにした。最初は八千穂高原へ関越→上信越を通り、思い出の佐久から八千穂高原へ行き、そこで遊んでから帰りは諏訪へ抜けて、諏訪でほうとうを食べて帰ろうかと計画した。

が、渋滞予報を見ると、8/14 の関越自動車道の下りの渋滞の距離が合わせて 50km 程度になるので、このコースは諦めた。そして、家からも近いし、行き慣れた中央道は八王子→相模湖の 10km 程度の予報だったので、車山に向かうことにした。

渋滞予報とは異なり、八王子までも少し混雑したが、それほど厳しい渋滞ではなく、8:00 前に家を出て、途中 PA に2箇所止まって休んだりしたが、諏訪に 11:30 くらいに到着した。そこからすぐに車山へ登って行ったら、12:00 くらいには車山と美ヶ原の分かれ道にある「霧の駅」についた。思ったより早く着いたのと、天気もよかったので美ヶ原まで足を伸ばすことにした。

美ヶ原へ向かう道中はこんな感じで青空も望めたのに、

IMG_3990

美ヶ原に着いたら曇り空。というか霧の中?雲の中?

IMG_4037

牛伏山へ登って行ったら雨は降ってきた。

IMG_4046

そしてあたりは「ハウルの動く城」に出てきた、ソフィーが向かった山の中みたいなことになった。

IMG_4047

荒れ地の魔女が出てきそうでしょ?でも、山の天気は変わりやすい。下山して美しの鐘へ向かう頃には再び青空が。

IMG_4059

でも山の天気は変わりやすい。美しの鐘へ着いて、

IMG_4072

その先の牧場を目指していたら、なんだか先に進みたくなくなるような霧?雲におおわれてしまった。

IMG_4075

そして山の天気は変わりやすい。←しつこいな…。後ろを振り返ると青空が。

IMG_4076

なんだか本当に「ハウルの動く城」が歩き回っていた「荒れ地」のようだった。

そんなこんなで美ヶ原の霧を楽しんだ後は子供たちのお楽しみの引き馬だ。車山との分かれ道の道の駅「霧の駅」の前に引き馬があって、それに乗って子供たちは楽しんだ。蓼科によく来ていた時は、ここに必ずきていた。当時次女は一人では乗れなかったが、もう「一人で乗る!」と言って普通に乗って行ってしまった。大きくなったものだ…。

そしていよいよ当初の目的地であった車山高原へ向かった。がしかし、既に日は傾き車山高原スキー場の駐車場に着いた時には 16:30 を過ぎていた。子供たちが「リフト乗る!」と騒ぐので、チケット売り場に行ったら「中腹まではまだ行ける。でも下山は 17:10 までに乗ってね」と言われた。「上がったら降りてこなきゃならないじゃん…」と思ったが子供たちが「登る!」というので仕方なくリフトへ乗った。私一人半袖で上着持っていなかったのでリフトの上では凍えた。気温 19 ℃で雲の中で自然と前髪が濡れてくるような環境だったので、それは凍える。天気が良ければ「ちょっと涼しい、寒いかな?」程度で済んだろうが。

ようやく全ての目標をクリアして下山することに。大門街道を下っていくが、途中「たてしな自由農園」へ寄って果物を調達することに。ここも蓼科に来た帰りによくよったところだ。

IMG_4107

最後は諏訪インター手前の「小作」でほうとうを食べて帰る。18:30 頃になっていたから、ちょうどお腹もすいていい感じの時間になっているし。大人二人、子供二人だが、それぞれ一人前ずつ平らげて満腹満腹。(食べることに集中して写真撮り忘れた…)

さて、あとはどんだけ混んでも私のわがままに付きあわせたので、我慢して運転運転。まぁ新車だし渋滞もドライブの内。子供たちもすぐに寝るだろうと思ったが全然寝ない…。それどころが帰りの車のなかでもテンション高い。やれトイレだ、PA 止まったらジュースだなんだと、何故か元気いっぱい。渋滞の最後尾がちょうど談合坂だったのでトイレとコーヒーの調達のために談合坂 PA にはいり、その後小仏トンネル手前までかなりがっちりと進まない渋滞だったがずーっと起きてる。そして渋滞を抜けて東京都へ入った瞬間、二人共スカーッと寝だした。どうなっとるんだ?と思いつつ、かなり遅くなってしまったので家路へと急ぐ。結局到着は 23:10。

お疲れ様でした&父のわがままドライブに付き合ってくれてありがとう。

広告

Written by arito

2015-08-20 at 00:16

カテゴリー:

Tagged with ,

美ヶ原の冬景色

leave a comment »

美ヶ原の冬景色の写真を集めてアプリとして配信しているのをセール情報で発見。その名も「Winter Utsukusigahara」と実にストレートで気持ちがいい名前。

なんでこのアプリを紹介しているか?というと、それは美ヶ原に行ったことがあるからさ、という至極単純な理由。言葉にしてしまうとなんとも伝わらないのだが、すんごくキレイなところなのだ。数年連続して夏の終わりに蓼科に旅行に行ったことがあって、その時二度ほど美ヶ原に行った。二度目(2011 年秋)に訪れた美ヶ原が快晴で素晴らしくキレイだった。その時のことももちろんブログに投稿している。

あぁ、あの高原の風景を、空気を思い出す。雲が下から湧き上がるような感じ、丸くさえ見える空、そして手が届きそうな白い雲と青い空。

そんな美ヶ原の冬の風景を収録したアプリ。早速ダウンロードして起動してみると…。ジーン…シミジミ…しばし見入ってしまった。まさにかつて通った場所が雪に覆われた白の美しき風景。行ったことある人もない人も是非!

TORUS8
posted with iTunesLinker at 13.03.05

Written by arito

2013-03-05 at 16:39

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

2011 蓼科(おまけ)

leave a comment »

Written by arito

2011-09-26 at 00:42

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

2011 蓼科(その3)

leave a comment »

3日目最終日。快晴。

今日こそ美ヶ原へ。

素晴らしい天気の中、車山あたりで富士山が見えた。

昨日引き返した三峰峠では、緑の絨毯を敷いたような三峰山が広がり、登山者もクッキリ見える。

そして目的の美ヶ原。何だか「天井まで来た!」って感じ。空がすごく近くて広くて。牛や馬が気ままに草をはむ。雄大な景色の中、お弁当は最高。

スライドショーには JavaScript が必要です。

帰路へつく前に、車山へも寄り道。リフトで山頂へ。駐車場までの下山は徒歩にした。汗ばむ気温だったけど、夕方の風はとても気持ちよく、駐車場で冷たい水で顔を洗うのも気持ちいい。お決まりのリフトでの写真も購入して帰路につく。

子供達もテンション上がったまま、つかれているはずなのに、全然眠らず、渋滞もものともせず、車の中でキャーキャー騒ぎながら、自宅へ到着したのでした。

蓼科はそろそろあきたのと、下の子が大きくなって来たので、来年はもう少し遠出を計画したい。

Written by arito

2011-09-26 at 00:36

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。