Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘能登

Welcome to Tokyo !

leave a comment »

なにも外人をもてなしたわけではない。もう一週間以上前になってしまったが、いつも夏に遊びに行くうどん県の親友が突然「今日午後から東京出張で行くから明日の午前中時間あるかな?」とメッセージをよこしてきた。ランチを一緒にってことだったが、打合せの合間の時間を狙ってのランチではあまりにも慌ただしくてもったいない。先方がどういった人たちと出張に来ているか?が分からなかったが「夜は?一緒に出張に来ている人達と一緒に呑んでもいいよ?今晩にしねぇ?」と誘った。何人かの上司と一緒に出張に来ていて、彼が一番歳も下だったらしいのだが、その人達を放ったらかして呑むことになった。私としては嬉しい限りだが、うどん県から東京に出張来て「今晩は東京の友達と会うので、じゃっ!」って大丈夫だったのだろうか?と心配だったが、久しぶりに二人でゆっくり呑めることになったのがとても嬉しかった。

いつもうどん県にいる時は彼が運転するのでノンアルコールビールだったり、こちらもあちらも家族がいるし、学生時代のように何の気兼ねもなく、何を言うことをためらうこともなく、酒を酌み交わしながら何でも話す時間なんて、もしかしたらお互い結婚してからなかったと思う。それだけにとても貴重な時間に思えた。

いつもうどん県では本当にもてなしてくれる彼が東京に来ている。東京らしいものでもてなそうと思ったが、魚はうどん県の方が旨いだろう。もちろん、東京だって金に糸目を付けなければ旨い魚を食べることはできるだろう。だが、銀座あたりで寿司屋に入って高いからと言って、必ずしも満足できるとは限らない。「銀座の寿司屋行った」といえば、多少の話の種にはなるだろうが、満足できるかどうか?はまた別の話だ。「東京らしいもの」を打合せ中に内職しながら探したりしたが、どうも「ここ!」というところが見つからない。「東京らしいもの」にこだわらずに探していたら、ふと目に止まったお店があった。能登料理を振る舞うという「のと半島時代屋」だ。

小さいお店で入れなかったらどうしようか?歓迎会の時期だし、と思っていたが、たまたまパッと入れた!

最初から言っておく。このお店は最高のお店だった!次に彼が東京へ来る時もまた行く。行きたいと思う。そしてその時期の能登のお料理を楽しみたい。学生時代のように他愛のない話をして美味しいお酒と肴で。

このお店はお料理だけではなく、そのおもてなしが最高にいい。決して出しゃばらず、それでいてシッカリこちらを見ていて、全てが非常に良いタイミングで追加オーダーを聞きにきたり、お料理を持ってきてくれたり。能登料理なんて食べたことないし、何がいいのか?今の時期は何がお薦めなのか?全然わからないので、基本的に「何が美味しいですか?」とお料理もお酒もお薦めを聞きながら注文していった。そんな中でお料理を持ってくるタイミングに「ご学友ですか?」とか女将さん(かな?)がさり気なく聞いてきたり。旬の食材の話や、お薦めの日本酒の話をしていて、つい一緒に話し込んでしまったり。能登ってうどん県の彼も私も全然馴染みがないので、ついつい理系の性(さが)か?根掘り葉掘り聞いてしまう。一つ一つを丁寧にゆっくりと説明してくれる女将さん。ホタルイカをよそいながら、お酌をしながら、温かにユッタリと説明してくれた。本当に最高の「おもてなし」だった。

これはホタルイカの釜揚げだ。この季節限定で能登から直送したホタルイカ。刺し身での提供は富山県の条例で禁止されている。そこで店長が「どうやったら火をギリギリ通してホタルイカを存分に一番美味しく肝も一緒に味わえるか?」を考え抜いて編み出したのがこの「釜揚げ」らしい。「大きな鍋にこれだけ?」と思うかもしれないが、1つ1つ女将さんが色合いを見てほんのりピンクになった頃合いにサッと上げてよそってくれる。最高に美味しいいタイミングでよそってくれる。これ、本当に美味しいのだ!もう本当に言うことない!これに能登の熱燗を合わせたら、どんなに幸せか分かるだろうか?その幸せを存分に味わった。

「常きげん」という石川のお酒をぬる燗で、黒龍という福井のお酒を熱燗で、もう心ゆくまで味わった。こんなに美味しいと思って呑む熱燗、肴、ついぞ記憶にない。ほんとうに、ほんとうに旨い。食べ物でこれほどの幸せを感じられる日本は本当にいい。日本人に生まれてよかった!と世界に叫びたいほどの幸せだ。

「常きげん」はアルコール度数が 18 度もある熟成した日本酒らしく、ややとろみがあって黄色みがかっているほどなのだが、ひっじょうにまろやか!「まろやかで超呑みやすい!燗酒でこのまろやかさと優しさって初体験!」とか調子に乗ってクイクイと彼と呑んでいたら、だいぶ経ってから女将さんが「熟成したお酒でアルコール度数が 18、19 度もあるんですよ」って教えてくれた…。なんだかんだと最初のビールの乾杯の後はずっとこの常きげんと黒龍の燗酒を呑んでいた。1本どれくらいはいっているか?は分からないけど、4本も呑んでいた。

ホタルイカ以外にも、金沢の春菊のおひたしは、春菊嫌いの私でも、サラダのように美味しく食べられるアク感の全くない甘い春菊だったし、白エビの唐揚げ、それと忘れちゃいけないのが「馬づらはぎ肝和え」というやつ!これ、四国に「酒盗」ってあるけど、それ以上に「酒盗」だ。酒がメチャメチャ進む。日本酒がメチャメチャ美味しくいただける。それでいてこの肝和えもメチャメチャ旨い。肝がキモキモしていなくて、あっさりと上品な肝で、それでいてシッカリと味のする、でも全然邪魔しない。日本酒を引き立てて邪魔しない。それでいて旨い!絶品!

うどん県の彼をもてなすつもりが、自分ももてなされてた。完全にもてなされてた。でも、彼も私も十分に楽しめた。何の話したか?そんなの覚えていない。覚えている必要がないくらい他愛のない話。学生だった時のように何でもない話。今も昔も変わらぬ同じ時間の流れの中の他愛のない話。それに最高のおもてなしと旨い酒と肴で花を添えてくれた「のと半島時代屋」に感謝。そしてなにより、うどん県の親友に感謝。上司を放ったらかして他愛のない話に付き合って話の花を咲かせてくれたことに感謝。持つべきものは金でも地位でもない、「友」だ。「人」だ。「人」が財産だ。何にも代えがたい、代えられない「財産」だ。そして幸せだ。そう噛みしめることができるひとときを味わうことができた。

ありがとう、時代屋のみなさん。ありがとう、うどん県の親友くん。それと彼と出会えたことにも、ありがとう。

あ、忘れちゃいけない!うどん県のお父さま、お母さま、お姉さま、いつもありがとうございます!東京でも、彼と私は相変わらずです!それがいいでしょ!?進歩がないんじゃないですよ!?良い意味で変わらないんですよ!

広告

Written by arito

2017-04-23 at 21:53

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。