Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘GIMP

GIMP 2.8.10p1 for Mavericks は壊れていた

leave a comment »

たまたま昨晩、GIMP 2.8.10 for Mavericks リリースのニュースを見て、早速インストールしたら、起動時に「壊れている」とエラーが出て起動できなくなってしまった。今まで 2.6 使っていて、不具合には当たっていなかったのだが、「Mavericks での不具合対応」と書いてあったのでとりあえずアップデートしたのが裏目に出た。

本日もう一度ダウンロードサイトを訪れてみたら、「*** updated ***」と書いてあり、最後の数字が1から2になっていた。2.8.10p1 → 2.8.10p2。

GIMP 使えないままだと困っちゃうのでとりあえずダウンロードして(新幹線の中から!)、md5 チェックが問題ないことを確認してインストール。起動してドキドキしながら待つこと1分くらい。無事起動画面が出て、最初だからプラグインやらフォントやらを読み込むのに時間がかかったが、無事起動。よしよし、これで skitch でできない小技はいつも通り GIMP でできるようになった。

p1 は本当に壊れていたんだろうか?

広告

Written by arito

2013-12-05 at 19:56

カテゴリー: Mac

Tagged with , ,

GIMP for Mac でファイルをエクスポートできない件

leave a comment »

記事に利用する画像を加工するのに、GMP for Mac を使って線を書いたりして画像としてエクスポートしようとしたらできない。こんなエラー。

png でエクスポートしようとしたが、jpeg 形式でも同じエラー。ファイル形式に関わる問題ではなさそう。

/Applications/GIMP.app/Contents/MacOS/GIMP をほんの少しいじって日本語で起動するようにしている影響か?それはないだろう、と思いつつも、一応元に戻して英語環境で起動しても同じエラー。

むう、これでは実用レベルじゃないなぁ。エラーについては Google 先生にもう少し詳細を聞いてみるかな。

Written by arito

2012-09-23 at 22:27

カテゴリー: Apple, Mac

Tagged with

X11 なし GIMP for Mac を日本語環境で起動するには

leave a comment »

2013/02/11 追記:

本家(http://www.gimp.org/)より 2.8.4 が(おそらく現地時間)2013/02/10 にリリースされ、このリリースで日本語で起動しない問題が修正された模様(Changelog の GUI にある「Various fixes for text style attribute handling」かな?)。実際にアップデートしてみたが、特に問題なく日本語環境で起動することを確認できた。

今回の 2.8.4 は、新しい仕様追加はなく、bug fix のみのリリースだが、GIMP のディレクトリを ~/Library/GIMP から ~/Library/Application Support へ変更しているので、「mv ~/Library/GIMP ~/Library/Application\ Suppert」してから起動すべし。前の設定やら何やらを移行しなくてもいいなら、やらなくてもいいけど。

ということで、以下 2013/01/13 の追記も不要になった。

2013/01/13 追記:

http://gimp.lisanet.de/Website/Download.html からダウンロードできる別のビルドなの? GIMP は、なにもしなくても日本語環境で正常に動作する。ダウンロードされるファイル名も「GIMP-2.8.2-p4-Mountain-Lion.dmg」と異なるファイル名となっている。

以下はもう不要となった記録。

先日、「X11 なしで GIMP for Mac が動作可能に」という記事を書いておきながら、自分の環境では起動せず、エラーだけ記事に書いて「あとで調べる」と放置していた。

起動しない原因は、日本語環境下で Aqua Kana フォントをロードしようとして、このフォントが「Not-Rotated 12px」だからか?ロード途中でエラーしてしまうことにあるみたいだ。英語環境では起動するようなので、GIMP だけ英語環境で起動させれば良いのだが、どうしたらいいか?Mac 初心者な私にはわからない。

すると、ビンゴな記事があった。メモしか書いていないので、以下少し詳しく説明するが、要は、「アプリケーションごとに利用する言語を選択できる」という非常に賢いアプリ(App Language Chooser)があって、これで GIMP を英語で起動するように設定すると、GIMP は起動する。ただし、指定した通り、英語環境で起動するので、メニューなどは全て英語だ。

だが、最後に説明するように、App Language Chooser で、英語環境で起動するようにしておきながら、GIMP の起動スクリプト内で LANG=ja_JP.UTF-8 $EXEC “$bundle_contents/MacOS/$name-bin” とすると、何故か?日本語環境で起動し、メニューも全部ではないが基本的に日本語になる。

さぁ、始める。

まずは、GIMP が英語で起動するように設定する。

App Language Chooser を App Store からインストールする。(無料だ。素晴らしい!)そして起動すると、小さなダイアログが開く。そこにはだいたい「言語を選んで起動したいアプリをここにドラッグしてくれ」と書いてある。

言われた通りに、アプリケーションフォルダから GIMP のアイコンをこのダイアログに D&D すると、言語を選択する画面に変わる。

そこで、English を選択し、「Set default language for this app」のチェックを入れて OK。もう App Language Chooser の役目は終了。あとは GIMP を起動してみたら、英語環境で起動するはずだ。

さぁ、次は日本語環境で起動するようにしよう。

これには、前述の設定をしておく必要がある。そして、ターミナルから、GIMP の起動ディレクトリまで移動する。もともとあるファイル GIMP を書き換えるので、まずは元ファイルをバックアップしてから GIMP をエディタ(以下の例では、ターミナルで vim を使って直接開いている)で開く。(以下のコマンドの意味がわからない人は、先に進めないことを推奨する。元に戻す方法がわからないだろうから。)

% cd /Applications/GIMP.app/Contents/MacOS
% cp -p GIMP GIMP.ORG
% vim GIMP

とりあえず書き換えるのは1行だけで、「LANG=ja_JP.UTF-8」を起動前に指定するだけ。

% diff -u GIMP.ORG GIMP
— GIMP.ORG 2012-08-14 09:03:53.000000000 +0900
+++ GIMP 2012-09-01 21:03:48.000000000 +0900
@@ -71,5 +71,5 @@
exec bash

else
– $EXEC “$bundle_contents/MacOS/$name-bin”
+ LANG=ja_JP.UTF-8 $EXEC “$bundle_contents/MacOS/$name-bin”
fi

ためしに、./GIMP とすると、GIMP が日本語環境で起動するはずだ。このようにしておくと、GIMP をアプリケーションフォルダにあるアイコンをダブルクリックして起動しても、GIMP は日本語環境で起動する。

この結果からすると、起動スクリプトで言語環境の取得に失敗しているのでは?とも思えるが、詳しく調べていない。とりあえず日本語環境で起動できるようになったので、メモとしてアップしておく。

※GIMP をバージョンアップする時や、アンインストールする際は、前述のバックアップファイルなどがゴミとして残らないように、元に戻してからバージョンアップやアンインストールすることを推奨する。

Written by arito

2012-09-02 at 00:18

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

X11 なしで GIMP for Mac が動作可能に

leave a comment »

無料の高機能なペイントソフト「GIMP for Mac」が「X11」なしで動作可能に.

「お!Mac にも GIMP をインストールするか!Fedora と同じアプリで画像いじれる!」と思って早速インストールしてみたが、報告にあるように、私も起動できない。起動時のスプラッシュは出るけど、最後落ちる。10.8.1 だけど。

ちなみに、Mac ってアプリ起動時の簡単なデバックってどうやるんだろう?Linux なら端末から gimp ってすれば、端末にワラワラとエラー、警告が出力されるんだが、Mac OS X では同様のことができるのだろうか?

できた…。

% cd /Applications/GIMP.app/Contents/MacOS
% ./GIMP
GIMP
.
/Applications/GIMP.app/Contents/Resources/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/opt/X11/bin
Cannot spawn a message bus without a machine-id: Unable to load /var/lib/dbus/machine-id or /etc/machine-id: Failed to open file ‘/var/lib/dbus/machine-id’: No such file or directory
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_get_qdata: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_set_qdata_full: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-WARNING **: failed to choose a font, expect ugly output. engine-type=’PangoRenderCoreText’, script=’common’
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-WARNING **: couldn’t load font “.Aqua Kana Not-Rotated 12px”, modified variant/weight/stretch as fallback, expect ugly output.
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-ERROR **: Could not load fallback font, bailing out.
zsh: trace trap  ./GIMP
/Applications/GIMP.app/Contents/MacOS%

これ、本当に動くんだろうか?マシン ID を取得しようとして失敗しているが、これはエラーの直接的な原因ではなさそう。その後の PANGO のフォント周りがまずいのか?フォントオブジェクトが全くロードできないから落ちる?

明日もうちょっと調べてみるべし。

2012/09/02 追記:

日本語環境での起動に成功した。詳細は「X11 なし GIMP for Mac を日本語環境で起動するには」を参照あれ。

Written by arito

2012-08-30 at 01:25

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

知らなかった、GIMP on OS X

leave a comment »

Written by arito

2012-05-05 at 01:52

カテゴリー: Apple

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。