Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘iOS

アップデート

leave a comment »

品川駅の新幹線構内にあるスタバでニュースを見ていたら、8.1.2 のリリース記事があったのでアップデートした。

いつもなら放っておいて家に帰ってから母艦につないでバックアップして再起動して…と色々掛けられるだけの安全対策をとってからアップデートする超保守派なのだが、今日は何故か冒険?してみたくなって OTA してみた。

一応、全てのアプリを終了し、再起動してから実施した。それをしたからといって何がどうなるという訳でもないが、できるだけクリーンな状態でアップデートするためのおまじないというか、性格的な儀式というか、そういった類のものだ。

IMG_3400

アップデート後は、急激に電池が減るようになったなどの不具合はなく、いたって普通に動作している。

Written by arito

2014-12-10 at 11:30

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with ,

Office for iOS が出たけど Mac がビジネスシーンで広がるの?

leave a comment »

日本市場ではまだ利用できるようになっていないみたいだが、いよいよ Microsoft Office の iOS 版がリリースされた。(Android 版もリリースされた)

それでなぜ「Mac がビジネスシーンで広がるの?」と書いたのかというと、Windows と Mac では今でも Office 文書で「崩れ」が生じる。フォントの問題が一番なのだろうが、同じ「MS 明朝」でも、エクセルのセルからはみ出したり、オブジェクトの中の文字がはみ出したり、オブジェクト自体が中のフォントによって大きさや形が変わってしまったり、まぁ、色々と表示の部分の細かい点で「非互換」(と言っては大げさだが)が発生する。

Apple 製品である iOS デバイスも当然、最低でも Mac と Windows で出る差異は出てしまうと予想される。そうなると、iOS で Office 文書を読み書きする人は当然「イラッ」とする。

日本人の Apple 好き(iOS デバイス)は世界でも類を見ない。そのシェア 60% 以上で減る気配もない。そんな環境で Microsoft Office for iOS が日本で使えるようになったら…。当然「崩れ」に対してはたくさんのクレームが出るだろう。

と、ここで勝手な想像なのだが、Mac と iOS であれば、Mac と Windows ほどの表示差異がないのではなかろうか?と思うわけである。もしそうだとする(表示の互換性がとても高い)と、Mac の方がよくない?ということにはならないだろうか?どうせ最近じゃぁ、メールだってどんどん Web ベースになっているし、通常の仕事で使うツールでローカルのソフトに強く依存しているのはもう Microsoft Office くらいしかないような状況(勝手な断定…)であれば、この最後の砦が「iOS との表示互換性」という問題から崩れ、Windows から Mac へ…

なんてことにはならないだろうか?ならないだろうなぁ、たぶん、きっと…。

Written by arito

2014-03-28 at 23:36

カテゴリー: Apple

Tagged with ,

2億台の iOS 6

with one comment

200 Million Devices Running iOS 6, Fastest Upgrade Rate of Any Software In History [iPad mini Event] | Cult of Mac.

今朝の iPad mini イベントで発表された数字を、Cult of Mac が簡単にまとめている。

  • 3千億/日(28,000/秒)の iMassege が送られている
  • 数週間で7千万のフォトストリームが iOS 6 から共有された
  • App Store には 70 万のアプリがある(275,000 の iPad アプリを含む)
  • 2008 年の立ち上げから、350 億ダウンロード
  • 1億2,500百万のドキュメントが iCloud に存在する
  • Apple は開発者に65 億円払った
  • 2010 年から、iPad は1億台売れた
  • Fortune 500 の 94% の企業が、社員に iPad を供給もしくはテストしている

いやはや。過去にそんな雑誌あったかもしれない?ま・さ・に Mac World.

Written by arito

2012-10-24 at 22:57

カテゴリー: Apple

Tagged with

iOS の Spotlight をオーバーホールした方がいいというコンセプト

leave a comment »

iOS Spotlight Overhaul – cody sanfilippo.

iOS の Spotlight 使っている?誰も使わないし、そもそも根本的に作りなおした方がいい、こうした方がいい、というコンセプトが書かれている。「これ、欲しい!」というレベルの仕上がりだ。

Spotlight での検索結果を、どのアプリケーションでヒットしているか?各アプリケーションごとにフィルターできるのだ。

例えば、「Mike」で検索した結果を連絡帳、ミュージック、カレンダー、メッセージ、Safari 、メモ帳、リマインダー etc…。以下の画像を見れば、イメージがいくだろう。


また、Siri が静かに(音声を伴わず)対応してくれるコンセプトもある。Spotlight に打ち込んだ内容を Siri が検索結果を返してくれる。しかも、前述と同様、アプリごとにフィルターできる。こんな感じ。

さらに iPhone 5 の画面サイズについておもしろい考察をしている。

「どうして iPhone 5 で 176 ピクセル画面の高さが長くなったか?それは、見ればわかるでしょ?」

実際にこの Spotlight のオプション的な機能は、脱獄環境で開発が始まっていて、随時ブログや twitter で情報を流すとのこと。

本題とは関係ないかもしれないが、Spotlight 使っている?私は Web 検索する時、Spotlight から行っている。何処かの Tips で見てからなのだが、Spotlight の良さがわかるポイントかもしれない。

通常、iOS で Web 検索する場合、

  1. Safari を起動
  2. 検索窓に検索文字を入力する
  3. 検索
  4. 検索結果を得る

とすると思う。Spotlight を使うと、1 で Safari を起動する手間と起動するまでの時間を節約できる。

  1. ホームボタンを押すか、右へスワイプして Spotlight を表示
  2. 検索窓にスペースを1つ入れて検索文字を入力する
  3. 検索
  4. 検索結果を Safari で得る

この Tips は意外と多用しているので、効果は大きいのでは?と思う。だから、この記事で紹介した Spotlight をもっと便利にするのは、すごく期待しちゃうわけ。

Written by arito

2012-09-20 at 00:10

カテゴリー: iPhone

Tagged with ,

iOS web 市場(ブラウザ)シェアが 65% を超えたらしい

leave a comment »

iOS web marketshare rises pass 65 percent in June | 9to5Mac | Apple Intelligence.

NetMarketShare の発表によると、6月のモバイル web 市場(ブラウザ)で、iOS のシェアが 3% ほど伸びて、ついに 65% を超えたとのこと。

モバイルのOS シェアでは、Android が 50% を占め、iOS は 30.2% なのに、なぜブラウザシェアが iOS が 65% なのか?

9to5Mac では、「Safari が最も簡単で使いやすいブラウザだから」と簡潔に言い切っている。

モジラのエンジニアが何と言おうと(Firefox が如何に速いかと主張しても)気にしないーい。だって Safari が早くて快適で簡単だから。もちろん、今後は iOS や Android 上の Chrome になるかもしれない。でも、そうはならないのでは?と考えている。

年間で 15% もシェアを伸ばし、iOS はものすごい売上を上げている。(iOS デバイスがたくさん売れている)iPhone4S は 2012/1Q で 3,700 万台も売れているし、新しい iPad もしかり。今後、iOS 6、次期 iPhone がこの秋に発表されれば、さらに大きな伸びになるかもしれない。もしかしたら、7 インチの iPad 出るかもしれないし。

ということ。

まぁ、確かに言えなくもないんだけど、グラフを見る限り、iOS の推移は、Java ME の推移と完全に反比例している。Android のブラウザシェアは確かに伸びていないんだけど、Java ME のシェアを iOS が取っているだけのようにも見える。

iOS は脱獄しない限りはデフォルトブラウザを変更できないので、必然的に web ブラウジングは Safari がメインにならざるを得ない気がする。

確かに間違いなく、異常にシェアが高いことは確かなんだけど、一概に「Safari が最高だから」とはちょっと言えない気がする…。

Written by arito

2012-07-03 at 00:25

カテゴリー: Apple

Tagged with

iOS 6 機種別の制限(その2)

leave a comment »

Written by arito

2012-06-14 at 00:00

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with

iOS 6 機種別の制限

leave a comment »

※2012/6/13 Facetime over 3G が間違っていたので修正しました。

iOS 6 が発表され、魅力的は機能が満載なのだが、当然 iOS 6 が搭載できる全てのデバイスでそれらの機能がみんな使えるわけではない。http://www.apple.com/ios/ios6/ のページ一番下に小さくそして薄ーく書かれている制限事項を以下に表にまとめてみた。私は iPhone 4 ユーザなので、何ができて何ができないのか?が気になったわけ。

No Features 3GS 4 4S iPad2 iPad3
1 Flyover and turn-by-turn navigation × ×
2 Siri × × ×
3 Shared Photo Streams ×
4 FaceTime over a cellular network × × ×
5 VIP list and VIP and Flagged smart mailboxes ×
6 Offline Reading List ×
7 Made for iPhone hearing aids × × × ×
8 Find My Friends and Find My iPhone

※第4世代 iPod touch も iOS 6 が搭載でき、サポート状況としては 3GS と同じです。

うーん、Flyover と turn-by-turn が iPhone 4 では機能しない、とな。

Flyover が機能しない、ということは、空からの地図が出ない、と。まぁ、ちょっと空から東京を見て見たかったけど仕方がない、残念!

turn-by-turn が機能しない、ということは、音声でのナビゲーション機能が動作しない、と。うーん、私の車はナビをつけていないから、欲しかった機能だが、現時点でなくても困らないからまぁ、いいか。それに、車メーカーと Apple のシステムも開発中みたいだから、次回 あるいは次々回 iOS の時にさすがに iPhone 4 がアップデート対象から外れるだろうから、その時は iPhone を買い換えて、ナビゲーションシステムを手にするか!?

ここまで書いておいて何だが、全ての機能が日本で提供されるか?は現時点で全くわからない。個人的には秋の時点では Flyover と turn-by-turn はサポートされず、後日サポート開始となりそうな気がする。

Written by arito

2012-06-13 at 00:19

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。