Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘iTunes

iTunes 11.2 で Podcast の更新ボタンは何処へ?

leave a comment »

と思って検索したんだけど、11.2.1 での不具合修正(/Users ディレクトリが見えなくなる不具合)の記事ばっかりで全然見つからなかった。しばらく、いちいち更新したい Podcast をクリックして「更新」としていたのだが、ふと気付いた!

スクリーンショット_2014-05-21_0_04_24

あった!更新ボタン!

まぁ、iTunes 起動してちょっとしたら自動で更新されて新しいコンテンツがあったら自動ダウンロードする設定にはなっているのだが、せっかちな私は見たら手動で「更新」する習慣になっているので、「更新」ボタンがないというのは、イラッとするのだ。

あー、またスッキリした。

Written by arito

2014-05-21 at 00:13

カテゴリー: Mac

Tagged with , ,

XP で iPhone バックアップ先をネットワークドライブへ変更する

with one comment

方法を書いておく。

XP でも、ジャンクション機能を使って UNIX の ln みたいなことができる。「ジャンクション機能を使ってフォルダをマウントする」の記事が参考になるだろう。

しかしこの機能は、ネットワークドライブはマウントできない。ローカルドライブの中でしかリンクできない。だから、そもそも内蔵ディスクが逼迫した時には使えない。「C:\ がいっぱいになりそうで、D:\ に逃したいという場合」には使えるけど。

さて、私はそもそも XP マシンのローカルディスクが全て逼迫してしまっている状態で、ジャンクション機能は使えなく、それを解決する便利なツールを見つけた。

リンク/ジャンクション作成ツール(Windows 2000/XP 用)

だ。

私は素の XP なので、symlink-1.06-x86.cab 32bit をダウンロードして使う。注意事項には

v1.03以前のドライバはntfs.sysにパッチを当てるとすぐにアンロードしていたので、パッチを当て間違えない限りそれほど危険はありませんが、v1.04からは常駐してNTFSボリューム上のすべてのファイルアクセスに割り込むようになったので、はるかに危険が増しています。ちょっとしたドライバのバグであっさりブルースクリーンが出てクラッシュしたり、最悪の場合書き込むファイルが片っ端から壊されていく可能性すらあります。どのような不具合が生じても当方は一切関知しませんので、symlink.sysドライバは自己責任でご利用ください。

と書いてあります。ちょっと怖いですね…。

なので、展開して ln.exe だけを C:\Windows\system32 へコピーして、symlink.sys、senable.exe は、Program Files 以下に symlink-1.06 などのディレクトリを作成して配置してくことにした。

cmd でコマンドプロンプトを出して、

> cd “C:\Program Files\symlink-1.06”
> senable.exe

すると、ドライバがロードされて、ln が使えるようになる。

準備が完了したので、さっそく XP で UNIX ライク(シンボリックリンク)なリンクを作成する。私は、Z ドライブに自分の $HOME をマウントしていて、~/iphone/MobileSynk/Backup を利用したい。なので、まず、現在利用している C:\Document and Settings\foo\Appplication Data\Apple Computer\MobileSync\Backup を全てそこへコピーしておく。失敗した時に怖いので、XP 上のフォルダは、Backup.OLD などとリネームしておく。さ、いよいよリンク作成だ。

> cd “C:\Document and Settings\foo\Appplication Data\Apple Computer\MobileSync\”
> ln -s Z:\iphone\MobileSync\Backup Backup

これで、C:\Document and Settings\foo\Appplication Data\Apple Computer\MobileSync\Backup へ降りて行って中身が見えれば成功している。

この状態で放っておくと、PC を再起動した後など、再度 senable.exe を実行しないと、ドライバがロードされていないので、リンクがたどれない。毎度手で打つのも面倒だし、senable install してしまって、OS 起動不可になっても嫌だし…。

そこで、senable.exe のショートカットを、アカウントのスタートアップに登録することにした。これであれば、仮にスタートアップが実行された途端にブルースクリーンになってしまったとしても、Adinistrator などでログインして、foo のスタートアップに登録されているショートカットを削除すれば復旧できる。

で、このスタートアップに senable.exe のショートカットを登録しておいて、PC 起動後ログインしてリンクが有効になっているか?を確認してみた。問題ない。まぁ、ログイン後、黒いコマンドプロンプト一瞬起動するの気持ち悪いけど。

ということで、XP の逼迫したディスクから、iPhone のバックアップで数GBを占めてしまっていた領域を、ネットワークへ退避できた。めでたし、めでたし。

Written by arito

2011-09-24 at 21:13

カテゴリー: iPhone

Tagged with , , ,

動画が同期できない

leave a comment »

先日来、iPhone4 で撮った動画を取り込んで、整理して iTunes で同期しようとしたら、

iPhone で再生できない形式だから同期できない

的なエラーで、何度やっても同期できない状態になっている。iPhone を再起動しても、iTunes を最新にしても、結果は同じ。

  • PC に取り込んだ動画を iTunes で、iPod/Phone 形式に変換して、変換した動画を同期しようとしても同様のエラーで動画を iPhone へ同期できない
  • 7/17 には 200MB 超の同じ iPhone4 で撮った動画は同期できていた
  • iPhone4 技術仕様を見ると、「Motion JPEG(M-JPEG):最高35Mbps、1280×720ピクセル、毎秒30フレーム、audio in ulaw、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ」と書いてあるから、仕様は満たしているはず。
  • GoodReader へ USB 経由で取り込んだ動画を転送し、GoodReader では普通に見える

同期しようとしている画像の仕様は以下。

Seems stream 0 codec frame rate differs from container frame rate: 1200.00 (1200/1) -> 23.98 (24000/1001)
Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from '20110823T193634.MOV':
  Metadata:
    major_brand     : qt  
    minor_version   : 0
    compatible_brands: qt  
    creation_time   : 2011-08-23 10:36:11
  Duration: 00:00:20.20, start: 0.000000, bitrate: 8986 kb/s
    Stream #0.0(und): Video: h264 (Baseline), yuv420p, 1280x720, 8923 kb/s, 23.99 fps, 23.98 tbr, 600 tbn, 1200 tbc
    Metadata:
      creation_time   : 2011-08-23 10:36:11
    Stream #0.1(und): Audio: aac, 44100 Hz, mono, s16, 63 kb/s
    Metadata:
      creation_time   : 2011-08-23 10:36:11

そもそも、iTunes で変換したものすら同期できないし、「再生できない形式」と言っておきながら、GoodReader とか普通に再生できる。

7/17 から 8/23 の間でやったことってなんだろう?iOS バージョンアップ、iTunes バージョンアップくらいしかない。

iTunes がおかしくなってしまっていると思われる。iTunes 動かしているのは XP だし、限りなく怪しい。

さて、困った…。

Written by arito

2011-08-26 at 00:13

カテゴリー: iPhone

Tagged with

iTunes をアップデートしたら、英語になっちゃった!

leave a comment »

先日、iTunes を 10.2.1 にした。再起動を促されるが、夜も遅かったので再起動せずにそのままシャットダウン。その後、大震災があったりして、iTunes なんて起動もしなかったが、今日、ふと立ち上げてみると、ポップアップメッセージが何やら英語で書いてある。ふむふむ「iOS 最新の 4.3 があるけど、アップデートする?」的な。

ちょっと待てー!!!

なんで英語で話しかけられる?ツールバーも英語だけど、これって前からこうだったような、そうでないような。File とか選択してみると、全部英語。んー、これって多分前は日本語?普段 Linux の怪しい GUI ソフト使っている私は、メニューが英語なのはあんまり違和感がなく、コンテンツ部分で日本語表示ができていれば、それでよしな人なので、iTunes メニューが英語だったか日本語だったか断言できない恥ずかしい状況…。(もっと普段から周りの物をよく見ろ!!!と自分に言いたい…)

で、「iTunes」「英語」で検索すると、やっぱりアップデートで英語設定になってしまっている、ということを確信する。

なんでも、アップデート後は、デスクトップのショートカットから起動する必要があるとか、ないとか。でも、iTunes の利用頻度が低いので、いつもデスクトップショートカットはゴミ箱行きで、メニューから起動していたんだけど、そんなこと(英語になっちゃう)は発生しなかったんだよなぁ…。

解せない現象だけど、とりあえず元に戻す。

コントロールパネル → プログラムの追加と削除 → iTunes → 変更 → 修復

で、日本語に復活。うーん。

Written by arito

2011-03-19 at 13:01

カテゴリー: iPhone

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。