Ari's Blog

Reading makes me rich !

Posts Tagged ‘nvidia

Fedora 17 → 18 成功編(除く X)

leave a comment »

Fedup でのアップグレードが失敗したので、従来通りの yum でのアップデートは問題なく完了した。

yum でのアップデートは、https://fedoraproject.org/wiki/Upgrading_Fedora_using_yum#Fedora_17_-.3E_Fedora_18 に書いてある通りだが、今回はかなりおうちゃくして fedora-upgrade コマンド1つでやってしまった。上記手順をまとめてやってくれるコマンドなのだ。

# yum install fedora-upgrade
# fedora-upgrade

開始すると、いくつか古い設定ファイルをどうする?と聞いてくるが、バックアップを取っていれば、基本デフォルト選択(単に Enter)すればいいだろう。

で、普通に再起動したら、全然ログイン画面出ず…。

kernel の起動オプション何か変?と思って、grub.conf を見てみるとかなり変。コメントアウトはしていたが、Fedup で grub.conf に書かれた title 部分のオプションを引用されて、妙な起動オプションになっていたから?ssh どころか ping にも反応しない。

default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title Fedora (3.7.2-201.fc18.i686.PAE)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-3.7.2-201.fc18.i686.PAE ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us upgrade systemd.unit=system-upgrade.target plymouth.splash=fedup selinux=0
initrd /initramfs-3.7.2-201.fc18.i686.PAE.img
#title System Upgrade (fedup)
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-fedup ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us upgrade systemd.unit=system-upgrade.target plymouth.splash=fedup selinux=0
# initrd /initramfs-fedup.img
title Fedora (3.6.11-5.fc17.i686.PAE)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-3.6.11-5.fc17.i686.PAE ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us
initrd /initramfs-3.6.11-5.fc17.i686.PAE.img
title Fedora (3.6.11-1.fc17.i686.PAE)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-3.6.11-1.fc17.i686.PAE ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us
initrd /initramfs-3.6.11-1.fc17.i686.PAE.img

KEYTABLE=us 以降の「pgrade systemd.unit=system-upgrade.target plymouth.splash=fedup selinux=0」が不要。

これを消して再起動したが、多少先に進んだが、Fedora のアイコンが画面中央に表示されたままやはりログイン画面は出ない。Ctl+Alt+Del にも反応せず。X を再起動する Ctl+Alt+BS すると反応があり、こんな画面が出る。もう一回 Ctl+Alt+BS すると、元の画面(Fedora のアイコンが画面中央にある画面)に戻るだけ。

IMG_1187

ただ今回は ssh できたので、Mac からリモートログインして確認してみる。

nvidia のドライバーのロードに失敗している。確認してみると、そもそも Fedora 18 の現在起動している kernel バージョンの kmod-nvidia がインストールされていない。インストールして再度再起動すると…

やはり同じ状況。X のログを見てみると、やはり nvidia のドライバーのロードに失敗している…。X が起動しない以外は、samba とか普通に動いている。仕方がないのでとりあえず Fedora 17 の kernel で起動している。

今までアップグレードはリリースされてから少なくとも一ヶ月は経過してから行なっていたが、今回一週間と経たずに実施したのだが、これが裏目に出ている。なにせ色々な不具合情報もとても少なく、パッケージもまだ初回リリースのものばかりでたくさんの警告メッセージやエラーメッセージが問題ある/なしに関わらずたくさん出ていて、ログ調査にも時間がかかる。

とりあえず、毎日 yum update して、まずは nvidia のドライバーアップデートもしくは kernel アップデート?を待って、GUI でのログイン画面を早く見たいものだ。それまでは Fedora 17 の kernel で起動して使うことにする。

2013/01/21 追記:

kernel が 3.7.2-204 へアップデートされ、それに対応した kmod-nvidia インストールされるも症状変わらず。

広告

Written by arito

2013-01-20 at 18:09

カテゴリー: Linux

Tagged with ,

リーナス・トーヴァルズ氏が NVIDIA に怒っているらしい

leave a comment »

4Gamer.net ― リーナス・トーヴァルズ氏がNVIDIAを「最低の企業」と呼ぶビデオが話題に。中指を突き立てるに到ったその理由とは.

「怒っているらしい」じゃなくて「怒っている」わけだ。記事には怒っている理由が考察されたりしているし、/. あたりでも色々と議論されている。

本当のところはわからないけど、腹が立っているらしい。

正直、kernel-3.3 系で何度か NVIDIA ドライバ問題で X 起動できないことが発生して、辟易していたところではあるし、Linux が何の理由もなく、ただ好きで使っているので、ついつい本当の事情を知らずにでも、リーナス氏へ同調してしまう自分がいる…。

2012/6/20 追記:

NVIDIA が Linux 開発者リーナスのFワード発言を受けて今後の方針を発表 | Gigazine. という記事が本日早速掲載されていた。

「NVIDIA の共通コードに手を入れることで…プラットフォームや OS の枠にとらわれることなく…」という行(くだり)があるが、その中には「すべての人が喜ぶものではないかもしれないが」ともある。果たして、幸せになれるのだろうか?リーナス氏のパフォーマンスの効果はでたのだろうか?彼の怒りがこの対応(実際に成された場合)で静まるのだろうか?

現時点で私にはよくわからない。単に私は、Linux コミュニティに提供される NVIDIA ドライバがより早く、より安定的なものになることを願う一般ユーザだ。

Written by arito

2012-06-20 at 00:53

カテゴリー: Linux

Tagged with

nVidia ドライバーで再び X 起動!

leave a comment »

kernel が 3.3.4-1 がアップデートで出ていたので、再び nvidia ドライバをインストールして、nvidia ドライバでの X 起動を試してみた。

単にドライバをインストールしただけでは、同様に起動に失敗し、プロンプトも出てこないので、ローカルログインできないが、他のホストから ssh でログイン出来る状態なので、色々と試してみた。

messages に以下の出力があった。

akmods[1049]: Building and installing nvidia-kmod[ OK ]
systemd[1]: PID file /var/run/akmodsd.pid not readable (yet?) after start.
systemd[1]: Unit akmods.service entered failed state.

試しに

# systemctl status akmods.service

でステータスを確認すると、起動設定にはなっているものの Fail している。start しても上記と同様のログを出力してやはり Fail する。そこで、「PID file /var/run/akmodsd.pid not readable (yet?) after start」で google 検索すると、1つ目に以下サイトがヒットした。

http://forums.fedoraforum.org/archive/index.php/t-278000.html

上記サイトにあった2つの手順を試したところ、起動に成功した。

# yum erase *\nvidia\*
# yum install akmod-nvidia xorg-x11-drv-nvidia-libs.i686
# yum erase xorg-x11-drv-nouveau
# cd /lib/modules/3.3.4-1.fc16.i686.PAE/kernel/drivers/gpu/drm/nouveau/
# mv nouveau.ko nouveau.ko.ORG
# mv /boot/initramfs-3.3.4-1.fc16.i686.PAE.img /boot/initramfs-3.3.4-1.fc16.i686.PAE-nouveau.img
# dracut /boot/initramfs-3.3.4-1.fc16.i686.PAE.img 3.3.4-1.fc16.i686.PAE

grub.conf の起動 kernel パラメータが以下となっている

kernel /vmlinuz-3.3.4-1.fc16.i686.PAE ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us nouveau.modeset=0 rd.driver.blacklist=nouveau

これを nouveau.modeset= 以下を削除して、以下とする

kernel /vmlinuz-3.3.4-1.fc16.i686.PAE ro root=/dev/md1 rhgb quiet LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=us

# shutdown -r now

これで nvidia ドライバで再び X 起動できるようになった。要約すると、

  1. nvidia ドライバ関連をすべて削除して再インストール
  2. nouveau ドライバの削除& kernel モジュールの手動削除
  3. initramfs を作成しなおす

という手順で回復したことになる。1. だけで回復した可能性もなくはないが、nouveau ドライバを再度インストールして、X が起動しない状態を再現させる元気はないので、「問題解決」ということにしておきたい。

その後、今日になって

Updated: nvidia-settings-1.0-17.fc16.i686
Updated: nvidia-xconfig-1.0-15.fc16.i686
Updated: 1:akmod-nvidia-295.49-1.fc16.i686
Updated: 1:xorg-x11-drv-nvidia-libs-295.49-1.fc16.i686
Updated: 1:xorg-x11-drv-nvidia-295.49-1.fc16.i686
Updated: 1:kmod-nvidia-3.3.4-1.fc16.i686.PAE-295.49-1.fc16.i686

nvidia 関連のドライバが一斉にアップデートされた。295.40 から 295.49 へリビジョンがアップしている。それに合わせてか?config ツール系もバージョンアップされている。kernel-3.3 系でなにか不具合でもあったのだろうか?

いずれにしても、何とか解決した。

Written by arito

2012-05-04 at 15:11

カテゴリー: Linux

Tagged with

再び X 起動できず…

leave a comment »

PC 起動したら X 起動できず。またしても nvidia のドライバ関連のようだが、ログを見ても、glx をロードした直後に Backtrace ログを出力してセグメンテーションフォルトしているだけ。探し方が悪いかもしれないが、今のところ Web にも、最近の話題で同じようなのはない。

X 起動しないと、メールも何も仕事にならないので、最後の手段。nvidia ドライバを使わないで、nouveau をとりあえず使うことにする。

# yum remove xorg-x11-drv-nvidia\* livna-config-display
# yum install xorg-x11-drv-nouveau

実際には nouveau ドライバは既にインストールされていたし、xorg.conf は存在しなかったので、nvidia のドライバを削除して再起動したら、nouveau ドライバを使って X が起動した。

先日、グラフィックカードをファンレスのものにしたので、nouveau ドライバにしたからといって、「グラフィックドライバのファンが最大出力で回り続けてうるさい」ということはないので、とりあえず次の kernel が出るまで、あるいは、Fedora17 にするまでしばらくこのまま様子見をしようと思う。

今回、以前の kernel で起動かけても、X が起動できなかった。解せない。なんとなく、kernel-3.3.2-6 がインストールされた時に、以前同じような現象が発生した時に起動していた kernel-3.2.10-3 が削除され、依存関係で kmod-nvidia-3.2.10-3.fc16.i686.PAE-290.10-2.fc16.2.i686 もアンインストールされたことが原因なのでは?と想像している…。

Written by arito

2012-04-30 at 01:40

カテゴリー: Linux

Tagged with

グラフィックボード交換

leave a comment »

ものすごく不調だった自宅メイン PC だが、グラフィックボードを交換して復活したかも。

ファンがガーガーうるさかったので、今回ファンレスにしたら、ものすごく静かになった!ゲームとかするわけでないから、これでぴったり。 amazon で「ASUSTek PCI-Express x16スロット対応グラフィックボード NVIDIA GeForce G210 512MB FANレス EN210 SILENT/DI/512MD3/V2 (LP)」を購入したのだ。

ファンレスなので、冷やすためのヒートシンクがすごいことになっている。amazon の写真では見ていたけど、実物見ると「ゲッ!はまるのかな?」と思うほど大きい。2スロット分あるし、重さが半端でない。

以前のものは GeForce 9500 GS で、同じ NVIDIA なので、何もせずに認識して機動した。

[ 23.098] (II) NVIDIA(0): NVIDIA GPU GeForce 210 (GT218) at PCI:4:0:0 (GPU-0)
[ 23.098] (–) NVIDIA(0): Memory: 1048576 kBytes
[ 23.098] (–) NVIDIA(0): VideoBIOS: 70.18.64.00.05
[ 23.098] (II) NVIDIA(0): Detected PCI Express Link width: 16X
[ 23.098] (–) NVIDIA(0): Interlaced video modes are supported on this GPU
[ 23.113] (–) NVIDIA(0): Connected display device(s) on GeForce 210 at PCI:4:0:0
[ 23.113] (–) NVIDIA(0): Mitsubishi RDT204WM (DFP-0)
[ 23.113] (–) NVIDIA(0): Mitsubishi RDT204WM (DFP-0): 330.0 MHz maximum pixel clock
[ 23.113] (–) NVIDIA(0): Mitsubishi RDT204WM (DFP-0): Internal Dual Link TMDS
[ 23.146] (**) NVIDIA(0): Using HorizSync/VertRefresh ranges from the EDID for display
[ 23.146] (**) NVIDIA(0): device Mitsubishi RDT204WM (DFP-0) (Using EDID frequencies
[ 23.146] (**) NVIDIA(0): has been enabled on all display devices.)
[ 23.193] (II) NVIDIA(0): Assigned Display Device: DFP-0

512MB メモリだけど、1GB で認識しているみたい。まぁ、不具合ないからいいけど。

ヒートシンクの大きさが分かるかな?と思って、以前のグラフィックボードとも比較しつつ、画像をアップしておく。

Written by arito

2012-04-16 at 01:41

カテゴリー: Linux

Tagged with

fedora16 では、GeForce 5 以下がサポートから外れた

with one comment

ことにより、会社のメインマシンで、nVdia ドライバが使えなくなった。これが原因で、今、まだ fedora16 と悪戦苦闘している…。

問題の環境は、 2004 か 2005 から使っている EPSON Endeavor LX2500 だ。これに GeForce 5 FX5200 を搭載して、デュアルモニタでずっと使いつづけること早7年が経過した。

ここ数年、nvidia-173xx ドライバがいつまで RPM Fusion が作ってくれるのだろうか?と心配していたが、ついにその時が来てしまったのだった。

いろいろと試行錯誤したが、結論から言うと、どれも失敗し、nouveau を使うことになった。試したことを記録として残しておく。

1. アップグレード直後

左から右に流れるバーが右端まで行って Fedora16 が表示されている状況から先に進まず。Xorg ログには、「サポート外れているよー」と…。

ちなみに、fedora15 の時の akmod が入ったままだったので、起動時にモジュールが作成される所までは行ったらしく、

kmod-nvidia-173xx-3.1.6-1.fc16.i686-173.14.31-1.fc16.i686.rpm
kmod-nvidia-173xx-3.1.6-1.fc16.i686.PAE-173.14.31-1.fc16.i686.rpm
などがインストールされた状態であったが、上記のように X は上がってこない。

2. ダメ元で fedora16 最新のドライバをインストールしてリトライ

The NVIDIA GeForce FX 5200 GPU installed in this system is
supported through the NVIDIA 173.14.xx Legacy drivers. Please
visit http://www.nvidia.com/object/unix.html for more
information. The 290.10 NVIDIA driver will ignore
this GPU. Continuing probe…
No NVIDIA graphics adapter found!

messages に kernel ログとして上記ログが…。「無視する」言われたよ…。

3. NVIDIA サイトからソースをダウンロードしてビルドしてインストール

(EE) Failed to load /usr/lib/xorg/modules/extensions/nvidia/libglx.so: /usr/lib/xorg/modules/extensions/nvidia/libglx.so: undefined symbol: LookupIDByType
(EE) Failed to load module “glx” (loader failed, 7)
================ WARNING WARNING WARNING WARNING ================
This server has a video driver ABI version of 11.0 that is not
supported by this NVIDIA driver. Please check
http://www.nvidia.com/ for driver updates or downgrade to an X
server with a supported driver ABI.
=================================================================
(EE) NVIDIA(0): Failed to initialize the GLX module; please check in your X
(EE) NVIDIA(0): log file that the GLX module has been loaded in your X
(EE) NVIDIA(0): server, and that the module is the NVIDIA GLX module. If
(EE) NVIDIA(0): you continue to encounter problems, Please try
(EE) NVIDIA(0): reinstalling the NVIDIA driver.
(EE) NVIDIA(0): This video driver ABI is not supported.
(EE) NVIDIA(0): Use the -ignoreABI option to override this check.

上記のようなエラーが出て、状況はあまり変わらず。
http://forums.fedoraforum.org/showthread.php?t=245692
上記を見て、ignoreABI が X を起動するときに伝わるように対応しても、画面は一瞬出るが、今度は D-bus 関連のエラーで、なんちゃら socket にアクセスできないだの、なんだの。ATrpms で、fedora16 用にパッケージ化しているものを利用しても結果は全く同じだった。

この状況は少々解せないが、デュアルモニタの片方で起動画面が出るが、途中で X が落ちてしまう。この時は、できるだけ fedora デフォルトにしておこうと、KDM から GDM にしていたが、もしかしたら、それが原因だったかもしれない。nVdia ドライバと gnome-shell の不具合が多々あるので。nouveau は nouveau でかなり不安定そうなので、万が一今後のパッケージアップデートでおかしくなったら、再度 nVidia 純正ドライバ試してみることにする。
(と思いつつ、もういいでしょう、この PC 使いつづけなくても…というのが本音。)

この時点で nVdia 純正のドライバを利用することは諦めて、nouveau を仕方なく使うことに。

4. nouveau を使う

まずは、nVdia ドライバのアンインストールをする。
http://rpmfusion.org/Howto/nVidia#head-3fe8fc42e24a89aff36645e27644b1f6445a9ee6
方法は上記に書いてあるが至って簡単。

  1. nVidia 関連のパッケージ削除
  2. /etc/X11/xorg.conf を削除(mv でもいいけど)
  3. # yum install xorg-x11-drv-nouveau
  4. 再起動

nouveau って以前はデュアルディスプレイできなかった気がしたが、再起動したら普通に使えた。しかし、なんだか全体的にシャープさがなくなった。これって、ドライバの違いで、こんなにも表現力が違うのだろうか?でも、現状、nVdia ドライバが使えない以上、選択肢がない。

ここで一つ気をつけなければいけない点がある。(KDE の場合)システム設定で、モニタの設定をいじると、~/.kde/share/config/startupconfig に設定内容が反映されるが、これがまるでバギー。一旦ログアウトしてログインしたら、もうデュアルディスプレイでなくなってしまう。設定される内容がダメみたい。そうなったらこのファイルを消して、再度ログインすれば元通りになる。ただし、これは、何も設定しないで、意図した通りの表示になった場合だ。デフォルト状態ではおかしい表示の場合、この辺と悪戦苦闘する必要があるだろう。

そんなこんなで、会社のメインマシンは、ようやく fedora16 で画面が使えるようになった。しかし、今度は gvim で問題が発生する。80×30 よりウィンドウを大きくしていると、インサートモードに入ったときに、フレームの中の字が見えなくなってしまう。これは、ソースからインストールした gvim でも全く同じ現象になったことから、fedora16 付属の vim の問題ではない。.vimrc、.gvimrc をロードしないように起動しても、同様の現象なので、設定ファイルの問題でもない。(インサートモードの時にステータスバーの色を変更する設定などを入れているので、一応設定ファイルが原因かもと疑ってはみたけどね)根拠はないが、多分 nouveau との相性なのか?と勝手に「断定」している。

だいぶ、とりとめもない長文になってしまったので、vim との格闘はまた次にする。

Written by arito

2012-01-08 at 02:07

カテゴリー: Linux

Tagged with , ,

突然不調!

leave a comment »

さきほど(2012/1/3 23:00 頃)から、chrome で YouTube が見れなくなって、「flash がクラッシュした」とエラーが出るようになった。なんだ?と思って、一旦 chrome を止めて起動したが直らず、OS 再起動したら、KDE ログイン時に、何かバックグラウンドアプリが多数クラッシュするらしく、クラッシュレポートダイアログがたくさん出るようになっとる!

で、問題の chrome 起動しようとしても、全く起動せず。起動時のエラーとしては、kwallet のエラーが出るけど、これは、私が kwallet を無効にしているからで、有効にすれば、何もエラー出力なく落ちる。

messages には、以下のエラーが出ている。

kernel: [ 3282.420355] kded4[4518]: segfault at b58d0315 ip 4a6cadb4 sp bfce3110 error 6 in ld-2.14.90.so[4a6be000+21000]
kernel: [ 3291.576779] chrome[4954]: segfault at 382b1315 ip 00b55db4 sp b2780b20 error 6 in ld-2.14.90.so[b49000+21000]

いずれも ld-2.14.90.so が絡んでいるみたいだけど、これ、glibc-2.14.90-24.fc16.4.i686 だ。

このタイミングでいきなりおかしくなった理由やトリガーが全然思い当たらない、ピンチ!google 先生に聞いても、「nvidia のドライバの悪さ」的な話題が多いが、それは 10 月頃の話で、バージョンも 270 とか 275 の頃の話。今 F16 の最新は 290。

ちなみに、gnome にしても、同様に chrome は起動せず。firefox は普通に起動する。KDE でも gnome でも問題が発生するということは、nvidia も可能性はあるが、いずれにしても、KDE とか gnome の次元ではなく、OS 側の問題みたい。いきなり chrome 動かなくなって困った…。

追記:

見つけた!http://www.fedoraforum.org/forum/showthread.php?t=273509 これだ!

確かに、

LD_PRELOAD=/usr/lib/libGL.so.1 google-chrome

とすると、起動する。私が google で検索ヒットした話題とは違うけど、nvidia ドライバの問題だったみたい。
fedoraforum に書いてあったリンクに bugzilla(https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=737223)がある。
このコメント3738 に原因が書いてあって、39 が nvidia のドライバがアップデートされるまでのワークアラウンドが書かれていた。

追記2:

39 のワークアラウンドで、KDE のクラッシュや、chrome 起動不具合は直った。

# prelink -ua
# rm /etc/prelink.cache
# /etc/cron.daily/prelink
上記を実施して、再起動したけど、何事もなかったかのように今までどおり快調になった。

Written by arito

2012-01-04 at 01:55

カテゴリー: Linux

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。