Ari's Blog

Reading makes me rich !

偶然のつながり

leave a comment »

この人と会ってなかったら、こんなにヨガを続けてなかっただろうな、こんなにヨガやってなかっただろうな、と思う人がいる。その最たる人がリアルヨガおじさん、こと、イクさん。

だいぶ遅くなってしまったけど、誕生日プレゼントを渡しに、オハナスマイル祐天寺に向かう。

おっさんがおっさんにプレゼント。

私 : 誕プレ何がいいですか?

イクさん : 究極のピスタチオ。

私: それだけっすか?

イクさん : じゃぁ、コーヒー。

私 : らじゃ!

なんてやりとり。本当は大好きな亜美先生のヨガを一緒にやって、プレゼント渡して、と思っていたけど、今の仕事状況では厳しくて、亜美先生のヨガが終わる時間にオハナスマイルへ向かう。

それでもやっと会社を出て、電車に乗るも、信号機故障とかでなかなか電車は進まない。

なかなかうまくいかないときは、なんでもうまくいかない…と思いながら、ようやくついた駅。(祐天寺じゃないよ)

ふと前を見たら、なんと、ゴウ先生!!!超ラッキー!!!オハナスマイルに向かう道すがら、なんでもない会話をゴウ先生とできる幸せ。電車が遅れなければ、この偶然のタイミングはない。イクさんに誕プレ届けようとしなければこの偶然はない。

沈んでいた気持ちも一気に上向き!早足でオハナスマイルへ。久しぶりに亜美先生ともお会いしてお話しできて、トモさんも来てて、相変わらずの大汗!イクさん、トモさん、お風呂はいってたの?ってくらい髪の毛もビショビショ。一緒に亜美先生のヨガできなかったのはとても残念だけど、二人のとても爽快な笑顔に癒される。相変わらずのドSな亜美先生の笑顔に癒される。

そのまま帰ったら食べずに寝てだだろうけど、イクさんと焼き鳥屋でちょっと。なんでもない会話がとてもありがたい。「この前の幼馴染の人が男ヨガを進めなければ今はないんだね」なんて話しながら、「イクさん、あんたに会ってなかったら、こんなにヨガしてないよ…」と心の中で呟く。贅沢な夕食完了!

モヤモヤする毎日、ジリジリと如何ともしがたい毎日。でも、こんな偶然がたくさんあって、それがみんな幸せで嬉しく感じられるなんて。

本当に感謝する。この偶然のつながりに。何気なく、偶然に繋がったつながりに、本当に感謝する。

ありがとう存じます。

広告

Written by arito

2017-10-26 at 00:40

さよなら Yahoo! 天気

leave a comment »

カレンダーアプリ、Yahoo!天気、tenki.jp アプリは開かないけどホーム画面に居続けた。アプリを開かなくもバッジ機能と表示だけで知りたいことが分かったから。

  • 日にち、曜日
  • 最高気温
  • 降水確率

バッジが出ないんじゃぁこれがわからない。Apple の仕様変更に対応したことが理由らしいので、tenki.jp も出なくなってしまうんだろうか…。

ホーム画面見ただけで分かる情報って、普段は気にしないけど、なくなるととっても痛いんだよなぁ…。

Written by arito

2017-10-17 at 15:25

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with , , ,

Gmail 方面

leave a comment »

気になっていたが放置していた件。

会社の Windows 端末だけ Chrome で Gmail の左側のラベル画面が「その他のラベル」をクリックしないと、表示されていないラベルに移動できなかった。要するにスクロールできなかった。

超多忙でこれが超イラっとして我慢できなくなって昨夜 Google ってみた。単に設定だけだった。

⚙マークで「表示モード」が「タッチ対応」になっていると、左側のラベルがスクロールできない。「標準」とか「最小」とか「タッチ対応」以外にすれば普通にスクロールできるようになった。

MacBook Air はそんなことにはなっていないんだけど、会社の端末は Surface だから解像度が高くて勝手に「タッチ対応」になったみたい。

あ~、スッキリした。

Written by arito

2017-09-29 at 11:09

AirPods の進化

leave a comment »

iOS 11 になって一番嬉しかった&便利になったのは、AirPods のダブルタップの時の動作が増えたこと。しかも、左右それぞれに設定できるようになった。

今までは左右別々の設定はできなかったし、一曲進める、戻るは無かった。

右側のダブルタップは一曲進めるで鉄板。左をどうするか?停止/再生か?一曲戻るか?

まずは「一曲戻る」に設定してみて、使い勝手を確認することにした。外せば止まるし。

後、私が望むことは以下。欲張りでごめんなさい。でもセンサーチップが入ってるのだから、今回みたいにソフトウェアで動作を追加できるはず!

  • 音量の調節
  • シングルタップによる動作追加

例えば、

  • シングルタップは停止/再生
  • 右連続タップで音量アップ
  • 左連続タップで音量ダウン

とかできたらもう完璧。全然できそうなんだけどなぁ。Apple さん!よろしくお願いします!

Written by arito

2017-09-21 at 00:44

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with , ,

RICOSTA その9

leave a comment »

ちょっと早いが今年も山幸のおじさん、おばさんに会いに行ってきた。靴を買いにね。

今回は「運動靴」という感じではなく「スニーカー」風のデザイン。シックだけど、踵のところにハートマークがポイントがあったり、靴底にもハートマークがあったり。やっぱり今年もうらやまし。今回の靴は前回のよりも好み。まぁ、私の好みなんて次女には関係ないけど。

山幸のおじさん、おばさんは変わらずで安心した。おじさんは相変わらずの手際で、座り方、立ち方を次女に教えつつ、フィッティングをしてくれる。使い古した今の靴も「11月いっぱいは履いていい」とフィッティングをし直してくれた。

おばさんも中敷きをデフォルトのグレーのものからかわいらしいピンクに変えてくれる。お気に入りのシールも、古い靴の分まで選ばせてくれる。

本当にいつも、いつもありがたい。ありがとうご存じます。

次女もあと何回ここに連れてくるだろうか?2回?3回?多分もう4回目はない気がする。去年も思った。自分がここでお世話になっていた時から随分と時が流れた。と思ってからまた一年。そしてまた一年…と続くといい。

Written by arito

2017-09-18 at 15:35

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

保守とバックアップは大切、というお話

leave a comment »

iPhone SE が物理的に壊れてきた。乱暴に扱ってきたわけではないが、それなりに落っことしたりしていた。しかし、他の iPhone シリーズと違って SE は外枠がステンの枠で守られるように囲われているので、ガラス面から落っことさない限りはこの枠が iPhone 本体を保護してくれていたのか?多少枠に傷や凹みはできるが特に問題なく使えていた。いや、別に今この交換する瞬間ですら動作としては特に問題ない。iPhone SE は、iPhone 5 の時から工業製品的に完全に完成品だ。これ以上は望むべきことはない。そして、落としても枠が傷ついてもそれだけであることに「やっぱ iPhone はこれだ!」とか勝手にその工業製品としての完成度の高さに感心・感謝していた。

がしかし、どうもお尻のポケットから出して使い始める時、パカパカする…と感じていて、あまりにその感覚が強くなってくるのでよくよく観察してみた。すると、ステンの枠から本体が浮いていることに気付いた。躯体の右上をギュッと押すと、あのパカパカする感じと共に動いて枠にキッチリハマっていく。何度も落とした衝撃で枠が外れる?緩む?かしていたところに、お尻のポケットに入れて座ることを繰り返して「曲げ」の力(ちから)が繰り返しかかってこんなことになってしまったのだろう。

いきなりブラックアウトとかされたらたまらないので、バックアップ取って Apple Store へ早速行くことにした。予約していなかったから順番待ちに登録して近くのエクセルシオールで待っていたら、すぐにメッセージで呼ばれた。

本体交換か、1、2時間あれば画面修理でなんとかなるかも、と二択を迫られたが、バックアップは直前に取得してある。リストアする面倒は多少あるが、本体が新品になる方が全然いい!ということで、「数時間後とか後日もう一回くるとかは面倒だから嫌だなぁ…」と言うと本体交換してくれた!しかも無料で!ステキ!Apple さん!

でもこれって Apple Care に加入していたから無料で交換してくれたわけで、バックアップをちゃんと取っていたからその場で即決で「交換」という選択肢が選択できたわけ。Apple Care という「保守」にお金を払っていたから「いざという時」に「適切なサービス」が受けられる。入っていなければ画面修理でも2万円くらいかかるし、本体交換はもっとかかる。でも、保守に入っていたから無料で本体を交換してくれる。保守に入っていたとしても喜び勇んで本体交換してもらっても、まっさらな状態の iPhone 渡されても途方にくれるだけだ。メール設定は?Gmail?LINE?インスタ?Facebook?オンラインストレージ?仕事用のカレンダー&スケジュールアプリ?え?え?え?そもそも何入れていたっけ?になる。それを救ってくれるのは、もちろんバックアップ。バックアップさえあれば、いつでもすぐに元通り。だから「本体交換」と言われても、めっちゃ喜んで「交換して!交換して!交換して!」って言える。

そう、「保守」と「バックアップ」はセットでないと意味がないの。

バックアップは iCloud に取得する方法と、Mac や PC に iTunes で取得する方法があるけれど、後者を絶対にお勧めする。現時点では。

Apple の製品はとってもいいけど、サービスはいまいちなところがある。全てを安全にバックアップするには、iCloud はストレージとして不十分だし、他のプラットフォームとクロスユース出来ないのはかなり痛い。特にオンラインストレージや写真保存は他のプラットフォームと共有できないのは「終わっている」、「とても使えない」になってしまう。オンラインストレージは Box とか DropBox、写真は Google Photos で他の選択肢は不要な状況。そういうサードパーティーのサービスを利用することで、iCloud へのバックアップ容量を必要最小限に抑えることで、なんとか iCloud を使うことは出来るかもしれない。でも、謎に「容量足りない」とか言ってくるし、何をバックアップされているのか?が全然謎。だから、Mac や PC で直接 iTunes を使ってバックアップしておけば、完全なバックアップを暗号化して安全に取れるし、ネットワークを経由しないから、リストアにかかる時間は多くても一時間程度だろう(64GB 程度なら)。超安心、安全。

「バックアップのためだけに Mac とか PC とか買えないよ」と思うかもしれないけど、ログインアカウントを分けて、友達や家族数人で1台の Mac や PC を共有して、それぞれのアカウントでログインしてそれぞれでバックアップ取れば、お互いのデータを盗られることも見られることもなく、安全に安く「安全」を手に入れることができる。(と思う。完全にアカウント分けるとストレージはどうしても多少無駄に使われることになるけど、プライバシーとか考えるとそんなの選択肢はない。別アカウントは必須だ。)

保守も壊れたりしなければ「払い損」に思うかもしれない。でもこれは「保険」だから「いざという時」のための投資。何もなく、修理することなくその製品を使い切ることが出来たなら、その時はその製品に「良かった、今までありがとう!」ってことでいいと思う。

「保守」と「バックアップ」は大切、というお話でした。

IMG_7753

Written by arito

2017-09-10 at 21:20

カテゴリー: Apple, iPhone

Tagged with , ,

2017 のおまけ旅行(海の次は山!)

leave a comment »

インスタでその日のベストショットと共に内容的にはほとんどアップしてしまった「おまけ旅行」だが、やっぱりブログできちんと書きたいから書く。行ったところのリンクとかきちんと記録しておきたいしな。

最初は SORA terrace へ行きたいと思ったのがことの発端だった。たまたま蓼科に宿が一泊取れたので、強行軍で行ってきた。SORA terrace へ行ければよかったのだが、いざ行くとなると欲が出る。もし、渋滞なく、昼くらいに着けたら時間を余してしまう。ならば、善光寺か?いやいや、カフェつながりで「日本一高いところにあるパン屋さん」か?と思ってまずは出発。いずれにしても、竜王、志賀高原だから、関越→上信越と進むので、佐久を通るので、佐久平の PA で美味しいお蕎麦を食べることに決めていた。佐久平 PA には、蕎麦屋さんがあるのだが、そこの蕎麦ではなく、食券買って普通に食べる PA の蕎麦。これが旨い!だから、蕎麦屋には目もくれず、\550 の蕎麦を迷わず食券を出して買う。東京を出てずーっと天気が悪かったが、碓氷峠を越えたら青空になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ、佐久へ何度通っただろう…。そんなオセンチな気持ちになりながら蕎麦をすすり、ひとしきり気持ちとお腹を落ち着かせたら先へ進む。

予定通り昼前には長野市近くまで来ていたので、善光寺はやめて、竜王は通り越して、志賀高原横手山山頂にある、日本一高いところにあるパン屋さんへ行ってから、竜王に戻り、SORA tarrace へ行くことにした。

横手山頂の横手山頂ヒュッテにあるパン屋さんは、日本一標高の高いところにあるパン屋さんらしい。パン屋さんだからもちろんパンを注文して食べたさ。まぁ普通のパンだな。ここは空気と景色と一緒に暖をとりながら温かいスープとパンを頂く。そんなのがベストなんだろうなぁ…。と思った。夏じゃなくて、やっぱ冬だよ、志賀高原は!寒ければ寒いほどいい!凍えながらもスキーを楽しんで、吹雪の中からロッジに入った時の安心と幸せ。そんな思いに懐かしさを感じながら帰ろうと思ったら、リフト小屋の 2F も喫茶で、何気なく足を進めたら、その懐かしさが現実となって現れた。心の中で「マジかぁーーー!!!」ROSSIGNOL 4S だ!!!って絶叫した(と思ふふふ)。4S、4G、翌年の7S、7G。一時卒業した先輩から貰った?7S(195cm)を所有していたことがあったが、あまりの暴れ馬具合に、遊びの or カッコつけショートターン用にしか乗らなかったっけ…。私は ATOMIC→西沢スキーと流れて行った。あぁ、スキーだけを考えていた時代が一瞬にして蘇る。壁に立てかけてあった 4S は私を 25 年前に一瞬にして誘った(いざなった)…(遠い目…)。

だいぶ脱線したが、その 4S が壁に立てかけてあったのは志賀高原クランペットカフェってとこなんだが、ここ、暖炉があって、ソファーがあって、とても私好みだったのだ。横手山頂ヒュッテのパン屋さんもいいけど、私の「カフェ」としてのお薦めはだんぜんこっち。パンはおみやげにして、山頂のカフェはこっちで楽しむ方をオススメする。そんなこんなをスライドショーで。こういうのができるのはブログのいいところ。店も行った場所もリンクできるし。

スライドショーには JavaScript が必要です。

横手山にとても満足したら、さて、今度は目的の SORA terrace へ向かう。竜王は雲海が見れることでも有名らしい。標高は横手山よりも 600m くらい低いので、竜王が特別に雲海が見やすいってことじゃぁない気もするが、SORA terrace は「雲海」で売り出している感じだな。んで、SORA terrace の感想としては…。まぁ、なんだ、そのぉ、「横手山圧勝」って感じだな。4S でテンションが上っている私を引き寄せるほどのインパクトは SORA terrace にはなかった。今年の8月にオープンしているから、内装はとてもいいんだけど、まぁ、なんだ、そのぉ、それだけかな。こっちもちょっとだけスライドショーにしとく。一時(いっとき)だけ雲海っぽく見えたシーンを見逃さずカメラに収めることができたからね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

さて、奇しくも「てっぺんはしごカフェ」になったが、宿のある蓼科までナビをセットすると、その距離なんと 150km 以上ある。しかも、ルート見たら、安曇野 IC(昔の豊科 IC)の奥の奥から諏訪 IC まで…。これって途中から白馬から東京に戻るルートだよね。しかも、長野自動車道が終わって、岡谷よりもっと東京よりの諏訪 IC へ向かう。志賀高原遠いなぁ…。というか、志賀高原から蓼科ってぐるっと回っていくしかないのねぇ…。150km 行ったら蓼科。もう 200km 行ったら東京帰れるじゃねぇか…。そしてこの日の走行距離は 500km を超えたのだった。

翌日は初めての乗馬。以前に子供たちを引馬に乗せるのに連れてきて、その時に乗馬もできると分かったので、今度は引馬でなくて、乗馬をしよう、と思っていたのだった。午前中のざぁざぁ降りの雨もやんで、突然青空が見えてきた。日頃の行いかね?

女神湖からさらに佐久の方へ車でしばらく行ったところにある長門牧場ここで乗馬が出来るのだ。ノーサイドっていうモンゴル乗馬を体験できるところ。最初だから 70 分コースにした。半日だともしかしたらお尻が耐えられないかも…と思ってね。

初めて乗馬したんだが、超、超、超おもしろかったし、なにより気持ちよかった。海がシーカヤックなら、山は乗馬だ!間違いない!林を抜けると広い草原に出る。この草原に出た時の見晴らし、空気、香り。超みもちぃい!何この気持ちよさは!?って感じ。シーカヤックを初めてした時とよく似た気持ち。いや、同じ気持ちかもな。楽しかったのだけれど、牧場へ帰る時、私のうすーいお尻はもう悲鳴を上げていた。鞍に座ってももちろん痛いし、鐙に立っていても、下から鞍が当たった時は激痛だし、どうしたらいいんだ…。って状態だった。でも、でも、面白くて草原の空気はとても気持ちよかった。

それと、乗馬も姿勢がとっても大切で、背筋をすっと伸ばして、余計な力を抜く。これって弓道やヨガと同じ!とか勝手にこじつけてリンクして、腹筋、背筋を使って、頭を糸でつられているように意識して背筋、骨盤を真っ直ぐに立てるようにしてシッカリと鐙から踵を地面に押し付けるようにして真っ直ぐ立つ。肩の力を抜いて手綱が緩まないように長さを調整して持つ。馬もおとなしいし、よくなされているから、もうちょっと慣れたら、手綱は片手で両方持ち、もう片手はカメラ持っていられる。いい感じ。ヨガをするように草原で思いっきり深呼吸を繰り返す。

※インスタの投稿に、私がヨガを始めることになった、私をヨガの世界に連れてきてくれた人から、「乗馬ヨガっていうのもあるらしいよ」って聞いたけど、それはやめよう。乗馬は乗馬を楽しもう…って思った。

この牧場に冬、真っ白な牧場を乗馬する写真が飾ってあった。それを見て、「今度は絶対あれやりたい!次は真冬だ!」って心に決めた。モンゴルっぽいものを感じられるかも?

スライドショーには JavaScript が必要です。

痛いお尻をさすりながら車に乗ったら、あとは遅い昼ごはん?三時のおやつ?を食べて腹ごしらえしたら東京へ帰る。なんというスケジュールだ…。

でも、蓼科に来たらお蕎麦食べるところは決めている。信州はお蕎麦で有名だから、メルヘン街道やビーナスライン沿いに良さげな蕎麦屋がたくさんあるけど全部無視。白樺湖の湖畔にある、なんでもない蕎麦屋で食べる蕎麦が大好きなのだ。そば処緑苑。ほんとうに普通のお蕎麦屋さんなのだ。お蕎麦も特に手の込んだ「手打ち」とか「十割」とかじゃない普通のお蕎麦。だけど、つけ汁とか、その他の一品料理とかがどれもこれも、なんか懐かしい感じで美味しい。いっつもいるオーダーを取るおじさんもにこやかでちょうどいいサービス。お店全体が禁煙なのはさらにいい。蓼科に来たら、だいたいは立ち寄る普通のお蕎麦屋さん。私はここが大好きで、ここと決めている。今回も美味しいお蕎麦をありがとう存じました。

帰りの中央道では富士山がその姿を見せてくれた。

おまけの強行軍な長野一周旅行?てっぺんカフェ巡り?乗馬体験?二日間の走行距離は 760km を超えた。帰り道、さすがに限界が来て、双葉 SA で仮眠をとった。その時は「蕎麦を食べなければ眠くならずにそのまま走れたかも…」と眠りに落ちる前に少し後悔したけど、40 分くらい寝て、少し頭がスッキリして、自宅についてお腹がなっていた時は、「やっぱいつもの蕎麦屋で美味しいお蕎麦食べれてよかった」と思った自己中な私。

旅は突然に、無計画なところを進めながら計画を立てて、その時の状況、気持ち、検索結果?によってどんどん変えていく。そんな旅も車があればものすごく自由がきいていい。車ばっかり乗っていることになるんだけど、でも、やっぱり行き当たりばったりが楽しかったりする。昔はそんな性格じゃぁなかったんだけどなぁ…と最近思う。昔は、バッチリ計画して、その計画通りに進めるのに躍起になっているような性格だったはずなのだが…と最近思う。どうも何かから、決まったレールやルールや何かから外れたい欲求があるみたいだ。そんなこともつくづくと感じるおまけ旅行だった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。